【青春18きっぷ4泊5日の旅】持ち物まとめ!必需品とあって良かったもの

どうもこんにちは。

青春18きっぷの旅から帰ってきました、甘星(@S_amaboshi)です。

初めての青春18きっぷ旅、それもマックスまで使用した4泊5日の旅行ということで不安もありましたが、無事終えることができました。

旅の内容については別記事でまとめるとして、今回は旅行に持って行った荷物について紹介しようかと思います。

荷物はできるだけ身軽にしたいですよね?

特に青春18きっぷ旅は基本的に預けることが出来ませんから……。

そこで私も出発前にいろいろと試行錯誤をしましたが、結果的に振りかえると、初めてにしたらかなり良い荷物の選択ができました。

次回の自分への備忘録的な部分もありますが、何を持っていけば良いか迷っている人の参考になればいいかなぁ、とも思いまとめてみました。

「青春18きっぷ」初心者向けの購入法方と使い方(画像あり)「青春18きっぷに興味があるけれど、使い方がわからない! 年齢制限はあるの?」そんな初めての人向けに、値段や購入方法、使用期間や使い方などを画像付きでまとめました。ぜひ初めての青春18きっぷにチャレンジしてみてください。...

 

青春18きっぷの旅・バッグは2つ、基本はリュック

まずはどんなバッグを選ぶかという点からですが、私はリュック一択だと考えます。

移動が主になる旅ですので、両手は自由になる方がいいです

そのため手提げバッグ、キャリーケースなどはおススメできません。

肩に掛けるタイプのボストンバッグも、長い距離を移動するとなると疲れますし、ずり下がってくる可能性が高いのでやはりリュック一択かと思います。

リュックは日程にもよりますが、今回は4泊5日ということで大き目のものを選びました。

28Lタイプ。

アンブロ。別にサッカーファンとかじゃないです。

最初は中学のころ登山に使ったリュックにしようかと思いましたが、40~50Lありそうな馬鹿でかいやつだったのでやめました。

横ポケットや小さなポケットが付いていると便利です。

あとは財布や携帯、切符などすぐに使うものを入れておくサブバッグも必須になります。少し小さめのショルダーがおススメです。

私はカメラバッグを使いました。

MOUSEがプロデュースしたCanadianEastのカメラバッグ。
色合いが気に入っています。

愛用していたちょうど良い大きさのバッグがあったんですけどね、OUTDOORの。
送別会でゲロをぶちまけておじゃんですよ……。

バッグはデザイン自体は好きなのですが、全面マジックテープで「小学生の靴か財布やんけ!」というダサさだったので改造済。

マジックテープは外し、マグネットボタン仕様に作りかえました。

青春18きっぷの旅・バッグの中身

さて、バッグの話はこれくらいにして、肝心の中身の話に入ります。

まずは中身のすべてを公開。こんな感じです。

思ったよりごちゃごちゃしてやがる……。

でも、まあ何だかんだ鞄に収まったので一つ一つ見ていきましょう。

着替え&寝間着(Tシャツ3枚・ズボン3枚・パーカー2枚)

着替えですが、今回は2日分(着ている服は除く)だけ持っていきました。

2日目の夜に泊まる場所にランドリーが付いていたので、そこで洗濯する予定だったからです。

4日目と5日目は1~2日目と同じ服を着るという感じですね。

寝間着(Tシャツ1枚、短パン1枚)を持って行ったのは、1日目にネカフェで泊まる予定だったためです。

ズボンは1着しか持って行ってないので、3日目と5日目で同じものを履きました。

余程の汗かきや汚れることをしない限り、2日くらいならいいんじゃないかと思います。

夏でも基本7分~長袖着用なので、パーカーは2枚持って行きました。

肌寒かったら着る、くらいの人なら夏場は1枚で十分だと思います。

下着・靴下2日分

こちらも同じく2日目の夜に洗濯をしたため、2日分のみです。

下着写真を載せてもしょうがないので割愛します笑

なお全ての服類は、2枚の圧縮袋にまとめました。

100均で売っている1枚100円の、圧縮弁が付いているタイプの圧縮袋です。

これ、マジでおススメ。

多分これがなかったら鞄に荷物が全部収まりきらなかった可能性すらあります。

かなり軽量化されますね!

ハンカチ2枚・タオル1枚

ハンカチは小さめのものを2枚。

夜洗ってそこらへんに置いておくと、朝には乾いているのでたくさんは持って行きませんでした。

薄手のタオル(フェイスタオルサイズ)は一枚持っておくと便利です。

汗ふきにもなりますし、首に巻いておけば日焼け防止にもなります。

スマホ・傘

なんでこの二つがセットかはよくわかりませんが、多分「傘がこんなに小さい!」って主張をしたかったんだと思います。

傘は小型なものの方がよいです。

2日ほど雨に降られたので、持って行って正解でした。

青春18きっぷ

これを忘れたらヤバいですよ。

切符はその日に乗る最初の駅で印を押してもらったら、あとは駅員さんに見せるだけです。

乗り降りのたびに出すので、ケースか何かに入れておいた方が無くさずに済むと思います。

私は家にあったストラップとクリアファイルで作ったのですが、挟むタイプのストラップ(クリップ式)は案外取れます。

結局バッグの外ポケットに入れておきました。

現金・カード類

現金は何があるかわからないので(きっぷ紛失とか)、少し多めに持って行くと吉。

財布はリュックに入れておくものと、サブバッグから手早く出せるものと2つに分けた方が良いです。

また、普段の財布がかさばる人は上記のように小さな袋を使うと便利ですよ。

財布の中身
  • 現金
  • キャッシュカード
  • 銀行カード
  • 保険証
  • 免許証
  • Suica・Icoca等ICカード

腕時計

普段はスマホを時計代わりにしている人も、電車の乗り換え等の時は腕時計を見る方が早いかなぁ、と思います。

スマホってポケットからの出し入れが面倒ですし、落とす可能性もありますし。

かくいう私も最近使ってなかったので、電池が死んでました。

慌てて時計屋持って行ったら「半月かかる」とか言われ、しかもメーカー修理で費用1万円。

旅行に間に合わないので、仕方なく買ったのがこれ。

2000円くらいの安物だったせいか、旅行中に内部が結露してて「精密機器としてあり得んだろ!」とツッコんでしまった。

まあ、とりあえず腕時計はあった方がいいと思います。

カメラ・SDカード類

写真撮りたいって人は必須のカメラ。

今回はEOS 6DMarkⅡと、レンズはキャノンのズームレンズ「EF24-70mm F4 L IS USM」

旅行は単焦点よりもズームのレンズの方が勝手がいいかな、と思います。

余裕があれば替えのレンズなど持って行けばいいでしょうが、今回は無理そうだったので、ズーム1本で。

24mm~70mmなので、全然問題なく撮影できました。

あと荷物を軽くしたいならミラーレスの方が圧倒的にいいですね。

カメラだけで1kg越えてたのでちょっと重かったです。

予備のSDカード、心配な人はバッテリーも持って行った方がよいでしょう。

今回バッテリーがかなり新しいということで、私は予備は持って行かず夜にフル充電をするだけでした。

充電器・タップ・バッテリー等

  • USB2口付
  • USB1口付のAC2個付
  • USBケーブル3本
  • IPOD用ケーブル1本
  • バッテリー(2500mAh)

場所によってはコンセントが1つしかない所があるので、AC付コンセントを一つ用意しました。

スマホ、イヤホン、キンドル、IPODなど充電するものは多かったですが、これで不自由無かったです。

またスマホバッテリーは2500mAhとかなり小型でしたが、問題ありませんでした。

そもそも宿に着く前にバッテリー切れを起こすようなことがありませんでしたので、一度スマホを少し充電したくらいでほぼ出番が無かったですね。

とはいえ一応持って行くと安心です。

まとめて色々なものが入る袋があると便利です。

キンドル(暇つぶし道具)

移動時間が長くなるので、ある程度暇を潰せるものがあった方がいいかなと思います。

スマホはいじり過ぎるとバッテリーが無くなるので注意。

私は紙の本はかさばるので、キンドルを採用しました。

読んだのは、前もって入れてあった「蹴りたい背中」(綿矢りさ)と「屋上のウインドノーツ」(額賀澪)

偶然ではあるけど、集団に馴染めない女主人公、しかも中学時代の友人との距離が高校になって微妙になる……という雰囲気が被ってしまった。

イヤホン&IPOD

道中用。

そこまで音楽を聴いているというわけではありませんでしたが、そこそこ使いました。

IPOD用にブルートゥースのイヤホンで、有線のは耳栓として利用しました。

この有線イヤホン、ゲオにて890円で買ったのですが、すべてがシリコンとなっているため寝ながらつけても耳が痛くないんですよね。

またかなり奥まで入れられ、耳栓機能も高いです。(耳には悪いかもしれない)

ネットカフェでアラームをかける際は音を出せませんし、重宝しました。

エチケット用品

  • マスク
  • アイマスク(一般的なもの+ホット)
  • 歯ブラシ、歯磨き粉、歯間ブラシ
  • 制汗剤
  • ティッシュ
  • ウェットティッシュ
  • ハンドクリーム
  • 日焼け止め
  • リップクリーム

こまごましたものです。

人によって要る物・要らないものがあるでしょうが、私は大体どれも使いました。

途中で疲れたら使おうと思い持って行った蒸気マスクは、結局使いませんでしたけどね。

ネットカフェで寝る場合、アイマスクやマスク等は持って行った方がいいと思います。

とにかく暑かったので、汗ふきペーパーは役に立ちました。

化粧品・整髪剤など

普段の旅行で地味にかさばるのがこいつら。

  • 化粧水
  • 乳液
  • 化粧落とし
  • 洗顔料
  • リンス
  • 整髪剤
  • 化粧ポーチ

小さなジッパー付の小袋にいれたり、小さなケースに入れたりと小型化しました。

ペットボトルのキャップに整髪剤を入れる、というのはネット見て試したのですが、思ったより固まっていてくれないので駄目かもしれません。

化粧水はコットンにしみ込ませてから袋に入れると、漏れません。

洗顔料などジェルっぽい水分が多いものは、直接袋に入れると染みて来る可能性がありますね。

リンスはセーフでした。

いずれにせよジップロックのようなチャック付きの袋にまとめていれるのをおススメします。

使用する分だけ小袋に入れていく、というのは最終的にゼロになるのでいいかなぁ、とは思います。

化粧道具はもうあれこれ考えるのが面倒になったので、普通に持って行きました。普通に邪魔。

筆記用具・ノート

旅の予定や感想をメモしたりする時に便利。

私は暇な時に小説のネタを書いていたりもしました。

日ごろからノートを持ち歩くので持ち物リストにいれましたが、スマホでもよい人は不要ではないでしょうか。

電車内での書きやすさを重視するなら、リングタイプがいいですね。

私が使っているものはソフトリングなため、捨てる時も簡単に捨てられるやつです。

おやつ・軽食等

乗り換えているうちに食事ができなかったり、お腹が空いたりすることを見越しての食事類。

プラスでソイジョイを2本持って行きました。

水は1Lのペットボトルを水筒代わりに持ち歩きました。

お菓子はチョコが好きなのですが、溶けるだろうからグミとガムを採用。

バナナは安くて夏でも常温放置ができる、悪くなりくい、食べやすい、栄養価高いなどの理由から選びました。

小袋に分けていれて、1日1本。

最終日(5日目)までちゃんともってくれました。

サブバッグに入れるもの

サブバッグには以下のものを入れました。

  • 現金
  • きっぷ
  • スマホ
  • カメラ
  • ノート・筆記用具
  • ティッシュ
  • キンドル
  • Ipod・イヤホン
  • グミ

荷物の重さはどれくらい?

水1Lやカメラなど重量があるものが多かったせいか、リュックは約5.5kg、サブバッグは2.3kgほどになりました。

合計すると約8kgです。

背負って歩くことを想定すると、男性は12kg、女性は10kg以内を目安に荷造りをすると良いそうです。

山道、上り坂以外は特別重いと感じることはありませんでした。

ただ、帰りはお土産を三箱ほど買ったので、行きよりも若干重くなりました。

(まあ、その分バナナが減ったけど)

もっと軽量化できたとは思いますが、4泊5日旅行にしたらまずまずに収まったような気もします。

青春18きっぷの旅 荷物一覧チェック

一覧でまとめると、今回持って行った荷物はこんな感じになります。

  • 現金
  • 青春18きっぷ
  • スマホ
  • 免許証・保険証
  • カード類(キャッシュカード、銀行カード、ICカード)
  • 着替え(2日分)
  • 薬(目薬、絆創膏、頭痛薬など)
  • ビニール袋数枚(ゴミ、下着を入れる用)
  • ティッシュ・ハンカチ・フェイスタオル
  • 腕時計
  • カメラ(充電器)
  • カメラ掃除道具
  • SDカード
  • キンドル
  • IPOD・イヤホン(2つ)
  • アイマスク・マスク
  • ウェットティッシュ
  • 充電器・ACアダプタ類
  • バッテリー
  • メモ帳・筆記用具
  • 歯ブラシ等
  • 汗ふきシート・制汗剤
  • ハンドクリーム・日焼け止め
  • リップクリーム
  • 化粧道具
  • 化粧水等や整髪料ほか
  • 水・おやつ等軽食

こうやって一覧にすると色々ありますね。

マーカー部分は必需品になります。

青春18きっぷの旅にあって良かったもの3選

個人的に「これを持って行ってよかった~」というものは、

  • メモ帳
  • キンドル
  • ばなな

の3つです。

メモ帳はちょっとしたこと(ネタ)を電車内で書いたり、駅のスタンプを押したりと有効活用できました。

また乗り換えの電車を変更する時などは、アプリで調べながらメモをして行くなどあって良かったと思います。

キンドルは移動時間が長くて暇な時にいい時間つぶしになりました。

昼間は車窓を楽しめますが、夜の移動は案外暇になりますからね……。

そしてバナナ。

明らかに邪魔になりそうですが、これがちょっとおやつにどこでも手軽に食べられるんですね。

朝食にプラスしたり昼食にプラスしたり。
旅の食費を節約したい人におススメです。

2~3日目あたりがちょうど食べごろでした。

まとめ

以上4泊5日の青春18きっぷで行く旅の荷物でした。

夏だったから薄着で荷物が少なかったですが、冬だとかさばってしまいリュックに入らなかったかもしれません。

洗濯回数を1回増やすことで、持って行く衣類を1日分減らすのも手ですね。

機会があったらもっと軽量化を図ろうかと思います。

また、逆に持って行けば良かったと後悔したのは、

  • 雨合羽(現地で買った)
  • 帽子(忘れた)

の二つです。

持って行っても使わなかったものは蒸気アイマスクと常備薬くらいで、他は大体使用した感じですね。

極力無駄のない旅ができたと思います。

長旅において荷物は必要最小限がなによりです。

この記事が旅行者の参考になったら嬉しいです。

以上です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です