運営者について

教習所がつらい・辞めたい人へ! 教習所を退学したけど再入校して免許を取った体験談

教習所の退学と再入校

教習所の教本おわかりいただけただろうか……?

どうも、こんにちは。
自動車をやんわりとブロック塀で削ることに定評のあるあまぼしすずめ(@S_amaboshi)です。

先日ついにゴールド免許を取得しました!
無事故・無違反で約6年。もちろんペーパーじゃないですよ!

ゴールド免許証

凹んだ車……無事故とは?

まあ、私のクソボコカーはさておき。
表面上は無事故・無違反を6年間通してきた私ですが、大学時代に1度教習所を退学しています。

すずめ
すずめ
いや、だって……
教習所つらすぎひん!?

運転難しい……からの過剰な叱責。
いつになっても受からない試験……からの過剰な以下略。

あまりに辛すぎて逃げ出し、紆余曲折の果てに教習所に通い直し免許を取得しました。

今回はそんな自分の体験談を語りつつ、自校が嫌で嫌でたまらない人に向けてのアドバイスもできたら、と考えています。

  • 教習所つらい。教官怖すぎる……
  • 全然上手くいかない、運転向いてないんだ。もう辞めたい
  • お金払っちゃってるけど、精神崩壊しそうなくらい自校が嫌

という方はぜひご覧ください。

謎の勢力
謎の勢力
自動車学校ごときで情けない!
そんなんじゃ社会に適応できないぞ!
これから会社で働けばもっと理不尽なことがうんぬん 

とかいう大便みたいな意見は頭の中のトイレにでも流しておけばOKですよ。
会社勤めよりも、自動車学校の方が100倍理不尽だと感じて辛かったですもん。

はい、そんなわけでLet’ Read!

教習所を退校した経緯

最初は、教習所を退校するまでの話です。

大学1年生の夏。
初めて8月31日まである夏休みに大興奮スマッシュブラザース! 状態だった私は、その勢いで教習所のドアを叩きました。

(長野県の夏休みは8月20日前後までしかないんです)

手続きを済ませ、学科と同時進行で技能試験が始まります。
学科は授業や講義と大差ないので問題はなかったのですが……

技能の1時間目、さっそく心が折れる

最初の教官は、推定40代くらいのババ女教官。

ゴリラのイラスト

体育教師にいそうな風貌です。

すずめ
すずめ
あー……緊張する緊張する緊張する
まずは、しし、シートベルト!
ぶ、ブレーキを踏んでから……えーとPを 
教官
教官
ミラァーー!!!! 
すずめ
すずめ
ひいっ 

見た目に違わず、なんつーかやたらと声を張り上げるタイプの教官でした。

ここ車内やぞ?
なんで体育館部活中レベルの声張り上げとんねん。

とまあ、思いつつも緊張で泡噴きかけている私は、ガチガチになりながら運転をはじめます。

普通に下手でした、多分。

ハンドルの手を切り替えられずに、いつまでも握っていたりとか……
なぜか走行中にポンピングブレーキやってたりとか。
(最初は時速30キロとかでも怖い)

なので注意を受けること自体はわかります。
仕方がないですし、必要な指導かと思います。
ですが……ですが、

教官
教官
遅い遅い遅い! ハンドルトロトロ回すなァ!
BBA
BBA
ブレーキ!! ブレェーーキッ!
ごりら
ごりら
急ブレーキきらないでくれる?(唐突な真顔)

とにかくうるさい。

ただでさえ上手く運転できずに辟易しているのに、精神疲労は2倍。

かねてから「教習所はロクなところではない」との噂を耳にしていましたが、45分ほどで身をもってその言葉の意味を理解しました。

極めつけは実技教習が終わった後。

ごりら
ごりら
あまぼしさんはどうしてATなの? 
すずめ
すずめ
え? ATで十分だと思いまして……
MTは難しそうですし
 
ごりら
ごりら
ふーん。ATって言っても簡単なわけじゃないからね? 
すずめ
すずめ
は、はあ……(そんなん知ってるが) 
ごりら
ごりら
どう? 乗ってみた感想は
すずめ
すずめ
いやー、あの、本当難しくて
やっていく自信なくしちゃいました…… 
めすごりら
めすごりら
自信なんてあったの? ←鼻で笑いやがったコイツ
すずめ
すずめ
(は?) 

普通そこは「みんな最初は似たようなもんだよ」ってフランクにいくところだろ。

なんなんコイツ。

なんなん、コイツuuuu!!!1

私はどちらかというと温厚なタイプの人間です。

突然ドロップキックを食らっても、背中にチョークで落書きをされても、提出課題のプリントを食べられてしまっても、額に肉と書かれても(油性マジック)笑って対応してきたことから、高校時代は「絶対に怒らない奴」としての地位を築いてきました。

すずめ
すずめ
どうやらこの私を本気でキレさせてしまったようだな……
爆発するゴリラ 爆発するゴリラ

などと妄想までしましたが、実際の私は小心者です。
大きな声での叱責に慣れていないため、すっかり怯えきり萎縮してしまいました。

そういう野蛮な家庭に育ってないんですよ!
まあ、実際には放任の極みだっただけですが。

バイブレーションと化したまま、教習は続きます。

2時間目もまたもや声のデカいおっさん。

車なんて隣におるんだから怒鳴らんでも聞こえてるわけですよ。
そろいもそろってなんなん、耳遠いんかアイツら。

怒鳴られると体がすくみパニックになってしまうため、運転がままならなくなります。
注意→萎縮→さらに注意→さらに萎縮の無限ループ。

教習所は教官が認めない限り、次の過程に進むことは出来ません。
私はすべての過程を+1時間かけて行い(つまり2倍)、ようやく第一段階最終までいきました。

この頃には教習所が嫌で嫌で、毎日が憂鬱です。
(※ 大学の夏休み中です)

ハッピーサマーバケーションが暗黒デイズって感じですよ。
……マジで自分、英語のセンス皆無だな。

それはさておき、さらなる地獄がやってきます。

第一段階の見極めが……受からない

何時間も延々とやっても見極めが受からないんです。
教官からは冷たい目で見られ、注意され、ビビッてまた失敗。
やる気はとうの昔にゼロを割ってゴリゴリマイナス方向へ向かうばかり。

当然のように「辞めたい」と思うようになっていきました。

すずめ
すずめ
夏休みが……教習所だけで終わっちゃう……イヤダ…イヤダイヤダヤダヤダダダダd 

そうしたある日、わたしは教習所へ行くためにチャリにまたがり、ついにあらぬ方向へと疾走していきます。

そう、無断サボタージュです。

20キロほどのサイクリングを終えたあと、悟りました。
ええやん、もうチャリあれば

すずめ
すずめ
あの、もう行きませんので 
受付の人
受付の人
え?
すずめ
すずめ
ちょっと用事ができて(ない)しばらく行けないです
再開できそうなら行きます。でもしばらくは行けないので、そういうことでお願いします 

そうして私はアパートへ逃げ帰った。
(実家近くの教習所に行っていました)

教習所は初回講習(学科1)を受けた日から、9ヶ月以内に第一段階、第二段階の全ての技能教習と学科教習を修了しない場合、期限切れになります。

つまり一度通わなくなっても、9ヶ月以内に再開して第二段階までの講習を終えられれば、問題ありません。

私はといえばもう二度とあんな場所に戻るまい、という決意がありました。
ちなみ途中で辞めた場合の代金ですが、一般的には以下のような形になります。

  • 入学金・履修済の講習料金は返金不可
  • 教本代・検査代等も返金不可
  • 未履修の講習料金のみ返金可

※ 教習所によって異なる

数ヶ月後に差額分のみ返してもらい、正式に退学しました。
本当に勿体ないことをしたな、と反省はしているのですが、辞めたことに関しては後悔していません。

2度と訪れない大学1年の夏休み(後半)を守れたことの方が重要です。

そういえば私が通っている最中に自動車学校でボヤ騒ぎがあったのですが……

友
てっきりすずめちゃんが燃やしたのかと思ったよ~笑

とのことで、当時の精神状態が相当やばく見えていたようです。

母親は「ええ~もったいない」とは言ったものの、私が一度言い出したら聞かない人間だとわかっていたのか諦めたようです。

余談ですが、母は数十年前に同じ教習所で免許を取った際、50キロでカーブを曲がろうとしたら曲がり損ねてコースの松の木に激突したとか。
(なんでもその後、松は枯れたらしい)

補助ブレーキが間に合わないってマジの事故ですよね。
曰く「ゲーセンではできた」とのこと。
(明らかにドリフトじゃねーか!)

すずめ
すずめ
このクレイジーが許されてなんで私が受からんのや 

世の不思議を噛みしめつつ、私は自転車で生きていくことを決めました。

教習所に再入校した経緯

さてさて、チャリンコ族と化した私が結局免許を取得した話です。

就職活動が始まりました。
私は地元での就活をしていたのですが……

長野県(田舎)って、募集要項に当然のように『自動車免許』って書いてくるの。
マジで。

このせいで半分くらいの企業が受けられないことに気づきました。
仕方が無いので免許を必要としない会社に応募していたのですが、そのうちの一社で訊かれたのです。

面接官
面接官
免許は持ってるの? 

なぜそれを訊く?
オンシャは普通免許なんて資格欄に書いてないやろが!

しかし「ない」と答えたら不利になるのではないか?
私の頭が謎の高速回転を起こした結果――

すずめ
すずめ
現在取得中です 

これが後に語り継がれる「現在取得中の変」である。

ここで「所持しています」は完璧に虚偽なのですが、「取得中」は最悪入社時に免許を持っていなくても「後取得できませんでした」という言い訳がギリギリ通用します。

そこまで考えての「取得中です」でした。

あろうことか内定をもらってしまったので、嘘を真にするため教習所への再入校を決意します。

とはいえ、メスゴリラ教官などがいる前回の教習所は御免だったので、大学の近くの教習所へ通いました。

卒業を控えた、1月の後半から2月の半ばにかけて通っています。

長い時は9時間近く教習所にいました。
どんな暇人だよ。

散々な目にあっているので、やはり最初は憂鬱でした。
しかし、ここで驚くことが起きるのです。

教習所を変えたらあっさり免許が取れた

通い始めて1ヶ月後には、免許を取得することができました
そもそも教習自体が前回と違い、まったく苦痛ではありませんでした。

大きな声を出す教官も居ませんし、威圧的だったり、過剰に叱責を繰り返したりする人もいません。
かと言っていい加減なわけではなく、間違いは指摘し、注意してくれます。

これが本当の教育だな

と思いましたね。

丁寧な物腰で接してくれるため、私も変に緊張せずに運転に臨めました。
肩の力を抜けば手足は普通に動きますし、視界も広がります。

そんなわけで私は普通に教習をこなし、効果測定や見極め、卒検に引っかかることなく卒業することができました。

マジで1年の夏の数週間はなんだったの? というレベル。
まあ、その時の経験も決してムダではなく、再入校した自校では1時間目に、

教官
教官
妙に乗り慣れてない? 運転したことあるの? 

と教官に聞かれましたが。

すずめ
すずめ
ハワイで親父に教わったんです 

とでも言いたかったですが、普通に苦笑いで流しました。

教習所を退学・再入校したからわかったこと

この一件で貯金のすべてが消え、口座ゼロからの社会人生活がスタートすることになったのですが……
それでもはやり、一度退学したことは後悔していません

2つの教習所を経験したからこそ、教官の能力って大事だな、ということを知ることができました。

同じゴールを目指して同じことをやらせても、ここまで感じ方が変わるんですから。

十数時間の積み重ねがあったから2校目で上手くいったのかもしれません。
しかし2回目も最初の教習所に入っていたら、同じ結果になっていたように思います。

教習所がつらい時は変えていいのでは?

「教習所がつら過ぎる・辞めたい」と本気で悩んでいる人は、まず『辛い』原因について考えてみましょう。

その時、1番の原因が『教官』である場合は、教習所を辞める・転校※を考えてもよいと思います。

※転校が可能な場合もあります

退学・転校に引け目を感じる理由って、なんなのでしょうか?

「お金が勿体ない!」というのは確かにわかります。
しかし精神が異常になる人もいるわけで、そんな状態になってしまったら金銭うんぬんの話ではないように感じます。

また教習所の退校に関して「甘え」「忍耐力がない」等の話も聞きます。

しかし私からしてみると、嫌な教習所を辞めるのは、ブラック企業から逃げ出すことと同等なのです。

上司からパワハラを受けて離職した人に「甘えてる」「忍耐力がない奴だ!」などと言っている人がいるのでしたら、私はそっちの方を軽蔑しますね。

そんなわけで、あまりに理不尽だと感じて嫌になったのなら、辞めればいいんです。

そもそも過度の恐怖を感じる教習なんて、異常です。
気を引き締める適度な緊張、という次元を超えていますから。

まともな教習所は探せばあります。
それは「楽に卒業させてくれる所」ではなく、適切な指導で運転の知識・技術を教えてくれる場所です。

「怒られてばかりで先に進まない」「自分はきっと免許が取れないんだ」と悩んでいる方は、いっそ教習所を変えてみるのも手ですよ。

(まあ、稀にマジで運転向いていない人もいますが)

教習所ストレスで頭おかしくなる人が1人でも減ることを祈っています。

今日の結論

教習所選びには注意しよう

今日の一枚

教習所の教本……さすがに事故り過ぎじゃね?

以上!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です