無職ニートの日々

【3日の断食より効果がある方法】リバウンドを防ぐ回復食のメニューと共に紹介(後半)

断食は3日もしなくていい

どうもこんにちは。

食へのこだわりが強いと噂の、『口元右下のほくろ』を装備しているあまぼしすずめ(@S_amaboshi)です。

今日もご飯がおいしいですね。

さて。
前回に続いて、3日間水と塩だけで過ごした断食体験の後半を書いていきます。

前回までのあらすじ

「なんか面白そう!」というノリで3日間の断食を始めたあまぼし。
その先には水と塩だけしか口にすることを許されない、想像を絶する過酷が待っていた。

倦怠感、筋力の低下、食への執着、そしてアテント……。

赤ちゃんプレイもとい老人プレイをしかし堪能したあまぼしは、ようやく3日間の修行を終える。
脳はビックマックセットをも食べられる錯覚を起こしているが、彼女がした選択とは――

未読の方は、下記を先に読むことをおすすめします。

今回は、断食後の回復食のメニューや、リバウンドしない方法などの話です。
そして「3日間の断食って本当に効果あるの?」という根本についても考えました。

先にぶっちゃけると、

3日も断食なんてする必要ない
辛さに効果が見合ってないからやめときーや

というのが、私が出した結論です。
理由は後述します。

断食後ってどんな風に食事を戻せばいいの?
リバウンドしやすいって本当?
3日の断食は辛そう
もっと簡単で効果的な方法が知りたい
そんな断食のあれこれが気になる方は、ぜひ読んでみてください。
実際に私が食べたメニューや効果、その後の過ごし方などをまとめています。

断食後の回復食について

「断食はやっている最中よりその後が大事」といわれるくらい、回復食は重要です。
ここで食べるものによって、成功、リバウンド、死……などなどの選択肢が待っています。

ポイントは、ゆっくり胃を食べ物にならせていくこと。

いきなりカツ丼などを食べると休んでいた胃が驚き、ロクに働きません。
GW明けの我々と同じです。
……ごめんなさい、働いている気でいました。

そのため、消化がしやすいものを食べる必要があります。

おすすめなのが、「まごはやさしい」

  • ま…豆類
  • ご…ごま
  • は(わ)…発酵食品(またはワカメ)
  • や…野菜
  • さ…白湯(本来は魚)
  • し…シイタケなどきのこ類
  • い…イモ類

またかーい。
もう孫はいいよ!

色々なサイトや本をふまえつつ回復食メニューを考えましたので、ここに紹介します。
これから断食を行う人は参考にしてみてください。

回復食を食べる期間は、断食日数と同じだけの日数と言われていますので、私は3日食べました。

作るのが面倒過ぎる人のために、回復食セットなるものが売っているようです。
便利な世の中!

回復食まとめ(簡略)
  • 1日目:梅流し・重湯・具無し味噌汁
  • 2日目:五分粥・具あり味噌汁・ヨーグルト・大豆・納豆
  • 3日目:八分粥・野菜の味噌汁・大豆・きんぴらごぼう等

詳しく見ていくとこんな感じ

1日目 梅流しとおもゆ

1日目の朝食は、巷で噂の『梅流し』に挑戦してみました。
梅流しとは、大根の煮汁に潰した梅を入れて混ぜ、煮汁を飲むというものです。

断食後にこれをやると、腸内の宿便が排出されてとてもスッキリ! とのうわさ。
……まあ、医学的には内視鏡で確認できないため宿便なぞは存在しないらしいのですが。

ネットに踊らされる現代人なので試してみました。

梅流しの作り方
  • 大根…半分
  • 昆布だし…適量(顆粒なら1本。無添加が好ましい)
  • 梅干し…種抜き8粒ほど

大根は1センチくらいの厚さの輪切り、または半月切りにしてだし汁で煮る
大根が煮えたら、その煮汁に梅干しを入れて潰して飲む
大根も一緒に食べるとよい

ということで鍋いっぱいに作ったのがコチラ。

梅流し

なんでもこれをトイレに行きたくなるまで、ゆっくり飲み続ければ良いようです。

……わびしい。なんで令和の時代に大根オンリー?
私だけ天明の大飢饉中かよ。

とはいえ4日ぶりの食事。
おいしいに決まってますよ。
こんなのホウ酸団子だっておいしいですよ。

すずめ
すずめ
今年食べたもので一番おいしい!
ってくらい満足でした。

……いや一番おいしいは盛り過ぎましたが。

しかし、鍋いっぱいの煮汁を飲み切ったのですが――効果はなかったんですよね!!

何杯飲んでもお腹ゴロゴロして来ないし!
結局そんなヤベーものは出てこなかったですし!

どうやら人によっては効果がない人もいるようです。
まあ、この手の世間がよいと言っているものってだいたい上手くいかないので期待はしてなかったですけどね!

馬油の鼻洗顔とか!

もちろん人によっては凄い効果あった、という人もいるので試してみる価値はあると思います。
夜は重湯を食べました。

断食回復食のおもゆ

おかゆの上澄みの部分。
おかゆと共に作ってもいいのですが、団子を作った残りの米粉があったのでそれを使っています。

  • 水…150cc
  • 米粉…大さじ1

火にかけて、とろみが出るまで混ぜるだけ!
簡単簡単♪

この日は大根の煮汁を飲んでも、重湯を飲んでもおいしいって思いました。

空腹は最高のスパイス。
気分だけはソクラテス。

2日目 5分粥と消化のよさそうなもの

2日目は5分粥。
ご飯と水を1対4で作るおかゆです。
水分が多め。

朝に具ありの味噌汁。

断食回復食のおかゆ

昼には賞味期限が切れそうだったので甘味(ヨーグルト)を解禁。

断食回復食のおかゆ

夜には納豆。

断食回復食のおかゆ
納豆

こいつ10日も賞味期限が切れてやがった……。

全体的に野菜不足感が否めませんが、この日も何を食べても美味魔法が継続していました。

3日目 8分粥と野菜

そろそろ野菜を取ろうと思い、冷凍してあった水菜を使い、8分粥を作りました。
8分粥はご飯と水を1対2で作る粥です。

水菜を1把全部使ったせいで、米に水菜を入れているのか水菜に米を入れたのだかよく分からない粥が完成。

断食回復食のおかゆ

ついでに冷凍野菜を消費し、アスパラと茄子と人参の味噌汁を作りました。
パリピと陰キャとヤンキーが入り混じる教室、みたいなカオスな味噌汁。

やばくないですか?

クッッッッソまずかったんですよ。
主に人参の土臭させいで。

人生で食べた味噌汁の中で一番まずかったですね、ええ。
これは盛ってないです。マジです。

ついでに水菜粥も繊維質がひどくて全然おいしくないのなんのって。
あまりの不味さに夕食中に吐くかと思いました。

断食回復食のおかゆ

3日目にもなると『何を食べてもおいしい魔法』は解けるので、ちゃんと食事を作りましょう。

一応ですが、4日目。

断食回復食

この日にようやく魚の登場。
どう見ても炭やんけ、というレベルですが魚です。ウナギです。

貰い物のウナギを冷凍しておいてグリルで焼いたのですが、うっかりしてたら焦げました。てへ。

天はメシマズという一物の才能を与えてくれたようですね……ジーザスッ!

そんなわけで、徐々に固形物慣れしていきました。
3日目が完全にトラウマにです。

3日間の断食の効果・メリットデメリット

実際やってみて得られた効果やメリット、デメリット。
個人差はあると思いますが、私の場合ですね。

メリット

体重と体脂肪が落ちる

ガチのダイエット目的というわけではありませんでしたが、体重と体脂肪が落ちました。

当たり前です。
多分90%以上の人が多かれ少なかれ減量します。

体重と体脂肪の推移はこんな感じ。

断食をした体重と体脂肪

半月ほど経った現在も一応キープできています。
体重はほぼ戻りましたが、体脂肪を落としたかったのでおおむね満足。

恐らく元の体重が重い人、暴飲暴食気味の人ほど効果を実感できるでしょう。
とはいえ女性は体脂肪20%を切るのはあまりよろしくないようです。

肌が綺麗になった

断食後2日目くらいですかね、朝顔を洗っていて気付いたのですが――

手触りがめちゃくちゃ滑らかなんですよ、びびりました。
ハリがあると言うのでしょうか。

胃腸と肌は繋がっているというのは本当のようです。
……まあ、3日くらいでほぼ戻りましたけどね。

間食が減った

いわゆる食欲の減退。

というか、食べなくてもギリ我慢できるという感じ。
(食べたいことは食べたい)

私は一食で食べる量は減っていないのですが、間食を控えることに成功しました。
以前は15分~30分に1回チョコを食べていましたが、今では15時だけに間食しています。

謎の達成感

いや~、自分よく頑張ったね、みたいな自己肯定感が得られる。
年中無休で自己肯定しまくってる私ですが、今回は特に感じました。

最近達成感を得られていない方はぜひ。

食事が美味しくなった

なんというか、食事の時間がとても楽しみになりました。

一歩老人に近づいたのかな? って感じですね。

冗談はさておき、味覚が敏感になる・整った、という意見をよく聞きます。
そのせいかもしれません。

デメリット

断食をやったことによるデメリットは特にないです。

ただ3日間きつかったです。

生半可な気持ちで始めると2日目くらいで後悔します。
興味のある方は準備期間をしっかりと設け、覚悟して取り組みましょう。

ぶっちゃけ私はもう2度とやりたくないです。

断食後にリバウンドをしないためには

あくまで断食での減量などは一時的なものであり、意識改善、生活改善の一環としてとらえるのが良いかもしれません。

これを機に自分の生活を見直すという感じ。

そのため断食を、「1度やればその後今まで通りの食生活に戻っていい」みたいな、『一攫千金』的なものとして考えていると、リバウンドします。

特に暴飲暴食をしていた人。
前の食生活には戻れると思うなよ?
戻った瞬間、無に帰します。

断食で空腹耐性がつき、食欲が減っている今だからこそ食生活の改善がスムーズにできますよ~って感じですね。

断食やファスティングは辛いわりに効果はない?

最後にどんでん返し。

すずめ
すずめ
ぶっちゃけ辛さが効果に見合ってなくない? 

と思いました。

たしかに体調はいいのですが、肌質は持続しなかったし、ウエストもそこまで引っ込まなかったし。
で、調べてみたところ、以下の研究結果から『3日間もの断食は必要ない』ということが明らかになっています。

南カリフォルニア大学の研究により、以前は「免疫細胞の再生により体調改善が見られるには、3日(48時間以上)の断食が必要」と言われていました。

しかし2019年、米国立衛生研究所(NIH)の論文によると、断続的な断食でも「免疫細胞の再生による体調改善」が見られたのです。

つまり、1日のうちある一定時間食事をとらない時間を作るだけで、3日間の断食と同じ健康効果が得られるというわけです。
プチ断食と呼ばれるやつですね。

(参考:https://forbesjapan.com/articles/detail/32367

一定時間というのは、14時間~16時間。
女性であれば、12時間くらいにした方がよいとのこと。

……私の努力なんだったんだーい!

ついでに言うと、週末に酵素ジュースで行う断食ダイエット等もあまり意味がないそうです。

戻りやすいので。

えー、結論からいうと断続的な断食(プチ断食)習慣の方が、健康効果が継続しやすいということでした。
これはメンタリストとして有名なDaigoさんも動画でおっしゃっています。

本当なのか確かめるためすでに実験中ですので、1~2ヶ月後には成果をお伝えできるかもしれません。

そんなわけで総括!

3日の断食はわりに合わん、やめておけ!

以上!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です