カメラ・写真

星景写真向きのカメラ・予算別おすすめ9選 ~250枚の星空写真で一番使われたカメラは?~

星景写真向きのおすすめカメラ

どうもこんにちは、あまぼしすずめ(@S_amaboshi)です。

「2019年は星景写真ガチ勢になろう」と意気込んでいたものの、カメラが壊れてふりだしに戻りました。

星を撮りたいけど、おすすめのカメラは?

という疑問に今回、全力で立ち向かいます。
一言に『星を撮る』と言っても、いくつか種類があります。

  1. 星景写真:風景と星空を写すもの
  2. 星野写真:星空に主題がある。主に星座を写す
  3. 星団・星雲・銀河写真:望遠レンズを使用
  4. 惑星写真:望遠鏡を使い惑星を写す(月も含む)

③④に関しては天体写真とも呼びます。

天体写真

天体写真

星景写真

星景写真

私が撮っているのは、『星景写真』です。
そんなわけで今回は星景写真向きのカメラについての話になります。

前提として、星景写真はカメラそのものより条件が大事なのですが……

星景写真を撮るうえで重要なこと
  • 季節や天候・月齢
    星は見えているのか、月光が邪魔ではないか?
    アプリで月の状態を確認したり、コチラのサイトで星がよく見える時間を調べたりする必要がある
  • 場所選び
    光源の少ない場所へ行く
  • レンズ選択
    暗い場所でも星が映せる明るいレンズが必須
  • 撮影者の腕
    今の私にもっとも欠けているもの

「撮影条件が同じ場合、より綺麗な写真が撮れるカメラは何なのか?」という視点で考えていきます。

メーカー、センサーサイズ、価格、と様々な点から、星景写真におすすめできるカメラを選びました。

「一眼カメラは持っているけど、星景写真に本腰を入れてみたい」という人向けです。
予算が高めに設定されているので、ご注意ください。

今後のカメラライフの参考になれば幸いです。

星景写真に適したカメラとは何なのか?

まずは星景写真用のカメラを選ぶ上で重要な点を挙げました。
おすすめのカメラをすぐに知りたい方は読み飛ばしてください。

そもそもどういうカメラが星景写真に向いているのでしょうか?
前提として、レンズが交換できる一眼カメラになります。

コンパクトカメラだと性能的に星を鮮明に写すことができません。
本格的に星空が撮りたいと思ったら、デジタル一眼カメラを購入する必要があります。

1. 高感度に強く、ノイズが少ないカメラ

ここが一番というくらい重要。

星景写真は暗所ゆえに、ISO値を少なくとも1600に上げての撮影になります。
できれば3200~6400くらいにはしたいところ。

しかしISO値が高いほど、写真はノイズが出てざらついた仕上がりになってしまいます。

Kissx7星景写真

(ISO3200 露出時間20秒 f/2.8 年式の古いエントリーモデル。拡大するとノイズが目立つ)

よって高ISO値(高感度)に耐えられることが必須になってきます。
どのようなカメラが高感度に強いかといいますと、

センサーサイズの大きいカメラ=フルサイズ機

です。
最近ではAPS-C機でも高感度に強いカメラは増えているものの、やはりフルサイズカメラの方に軍配が上がります。

フルサイズとAPS-C機の違い、センサーサイズといった単語が分からない方は、コチラをお読みください。

2. バッテリーの持ちが良い

星景写真ではファインダーが利用できません。
ライブビュー撮影になり、低気温の中で撮影することがほとんどです。

そのためバッテリーの消費が通常より激しくなってしまいます。
極力バッテリー消費を抑えられる機種であることが望ましいです。

以前は「ミラーレスはボディに熱が籠りやすく、バッテリーの消耗が激しい」と言われていました。
しかし近年は改善され、バッテリーの持ちがよい機種も増えてきています。

「星景写真は一眼レフ」とはもう言えなさそうですね。

3. バルブ機能が使える

シャッターボタンを押している間露光される、バルブ機能付きのカメラならなお良し。
最近の一眼カメラにはたいだい付いている印象ですね。

4. ライブビューモードで拡大ができる

ライブビュー機能

星景写真では、ライブビューモニタに映った星を手動(MF)でピントを合わせていきます。

この時に拡大しないとピント合わせが出来ないので、ライブビューモニタが拡大できるものが良いです。(理想は10倍以上)

7年前の機種でも10倍まで拡大できるので、だいたいの一眼カメラはできるのでしょう。

5. できればバイアングルモニタ

レンズを上方向に向けることが多いため、必然的に屈んでの撮影になります。
腰が死んでしまいます。

そんな時に便利なのが、バイアングルモニタ。

キヤノン6Dmark2

縦スライドのみのチルトタイプではなく、左右にも回るバイアングルです。

しかし、今のところそこまで実装率は高くないようので、あればいい、程度でしょうか。

6. 明るく星景写真に適したレンズのあるマウントか?

カメラ単体では写真は撮れないので、レンズが必要になります。
最近は増えてきましたが、キヤノン、ニコンがミラーレスを出し始めたころは、まだ交換レンズが少ない印象を受けました。

明るく、かつ広角気味のレンズが星景写真には適しています。
レンズ種類の多いマウントを所持したカメラにした方が、あとあとレンズ選びで困らないかもしれません。

主にはこの6点が判断基準ということで。

約250枚の星景写真で使われているカメラを調査

今回参考までに、

すずめ
すずめ
 どんなカメラが星景写真を撮る人間に人気があるのか?

ということを調べました。

「一番使われているカメラを選べばいいのでは?」と思ったからです(ぶっちゃけ)

集計には、写真投稿サイトである『PHOTOHITO(フォトヒト)』と、天体情報誌である『月刊 星ナビ』を利用しました。


以下の3つのポイントで、約250枚の写真を選んでいます。

  1. PHOTOHITOで『星景写真』を検索
    お気に入り数の多い上位100名の使用機種を集計
  2. 同じくPHOTOHITOで『星景写真』を検索
    更新順にて、新しく投稿している人上位100名の使用機種を集計
    (期間はおよそ2018年2月~2020年2月になった)
  3. 『星ナビ』の読者投稿ページである、「星ナビギャラリー」にて使用された機種を集計
    (2019年10月号~2020年3月号分・計44点)
    ※ただし天体写真はここに含まない

1の場合は、2010年代半ばの写真が多く見られました。
最新機種も含めた使用率を知りたかったので、2でも集計をしています。

星ナビギャラリーは選考の末に掲載されるので、作品の完成度が高いです。
本格的に撮影している人ばかりで、彼らの使っている機種は参考になると考えました。

結果。

合計で5回以上登場した機種は、次の15点になります。

メーカー品番/品名PHOTOHITO
お気に入りが多い100名
星ナビ
ギャラリー
2019/10~2020/3
PHOTOHITO
『星景写真』
最新2020.2~2018.2 100名
キヤノンEOS 6D118726
キヤノンEOS 5D Mark III111315
ニコンD75033915
ニコンD810A47314
ニコンD85043512
キヤノンEOS 5D Mark IV51511
キヤノンEOS 6D Mark II14611
ソニーILCE-7M3(α7Ⅲ)1247
ニコンD7500 156
オリンパスOM-D E-M5 Mark II3 25
キヤノンEOS R14 5
キヤノンEOS 5D MarkⅡ2 35
ニコンD8102125
ニコンD5300  55
ニコンD800E5  5

なんとなく予想通りの結果ではありますね。

全モデルは75種にものぼったので、上位以外の機種は下記PDFにまとめました。
参考までに。

約250枚の星景写真で使用されたカメラのモデル集計

この結果を踏まえつつ、星景写真に適したおすすめのカメラを紹介していきます。

星景写真におススメのカメラ9選

メーカーや形式、価格ごとに分けてみました。

キヤノンの星景写真向けカメラ3選

我らがキヤノンさん。

  • 1位 EOS 5DMarkⅣ
  • 2位 EOS 6D
  • 3位 EOS 6DMarkⅡ
EOS 5DMarkⅣ
高感度性能に定評があるEOS 5Dシリーズ。
EOS 5D Mark IIIの上位互換ポジションにおさまることとなる機種でしょう。
約3040万画素、常用ISOは100~32000と高感度に強く、スペック面は5DmarkⅢ・6Dを大きく上回ります。
2種類のノイズ低減機能・タイムプラス機能など、星景写真に役立つ機能が搭載されました。
EOS 6D
年式が古いにも関わらず根強い人気をほこる6Dも捨てがたい。
約680gというAPS-C機並みの重量で、フルサイズ機初心者にもおすすめです。
後継機である6D MarkⅡが発売した現在は安価で入手できますし、天体写真が撮りたくなった時の改造用にしてもよいでしょう。
(改造すると正規修理が受けられなくなるので、安い機種の方がよい)

私も現在、EOS 6Dを使用中です。
タッチパネルでないことやバリアングルでないことは不満ですが、おおむね満足しています。

EOS6Dで撮った天の川
EOS 6D MarkⅡ
6DMarkⅡは5DMarkⅣの下位互換という印象です。
通常撮影では劣る点が多いですが、星景撮影となると高感度に強く、星景写真ファンの間に浸透してきました。
バイアングルモニタ搭載で、首や腰を痛めません。
「5D MarkⅣは高い!」という人向けに、6DmarkⅡをおススメします。


6DMarkⅡは一時期だけ所持していましたので、こちらで紹介しています。

>>【6D Mark2作例付レビュー】星空撮影におススメな4つの理由<<

ニコンの星景写真向きカメラ3選

ニコンといえば天体専用機として発売されたD810Aが人気です。

天体も撮れ、かつ星景写真もカバーできる。
ぶっちゃけこれが一番のおすすめ!!

……しかし今回は30万円を予算に設定しているので、D810Aは予算オーバー。

D810Aを除いた以下の3点が、ニコンの星景写真向けのカメラになります。

  • 1位 D850
  • 2位 D750
  • 3位 D7500
D850
有効画素4575万画素と、ISO25600を両立した高スペック機。
インターバルタイマーを使用すると、8Kのタイムプラスムービーを作成することが可能です。
前モデルD810と比較すると高感度でのノイズが段違いに少なく、星空の描写は実に緻密。
暗い夜空にかなり強いカメラと言えるでしょう。

購入場所によってD850は30万円を超える可能性が出てきますが、一応最安値が27万円ほどなので、候補に入れました。

D850星景写真作例
D750
発売は2014年と旧製品ではありますが、高感度でノイズが少ないのはD750。
3635万画素という高解像を誇るD810と迷いましたが、D750は高感度ノイズに強く、以前から星景写真ファンからの人気の機種です。価格的にD850が買えない場合の下位互換としては、D750が良いのではないかと考えました。
D750 星作例
D7500
3位のD7500はフルサイズではなく、APS-C機になります。
画素数は上記2種とくらべ劣りますが、常用ISOの最大値が51200で、高感度に強いカメラです。
実際に、ニコン公式が星空向きのカメラとして推奨しています。
D750よりさらに安価ですので、初心者でも手を出しやすいモデルかもしれません。

星景写真に向いているミラーレスカメラ3選

最近強くなってきたミラーレスについても触れておきます。

ミラーレスの強みは、フルサイズ機であっても軽い点
星景写真は三脚や赤道機など何かとかさばりますので、軽いカメラは利点になります。

ミラーレスで星景写真に向いていると考えるカメラは以下の3点。

  • 1位 ソニー ILCE-7M3(α7Ⅲ)
  • 2位 ニコン Z6
  • 3位 キヤノン EOS R

各メーカーが出したフルサイズミラーレスの代表格、といってもよいでしょう。

ソニー ILCE-7M3(α7Ⅲ)
常用ISOは100-51200で、高感度でのノイズ低減機能・解像度が非常に高いα7Ⅲ。星景写真において、周囲の背景が緻密に描写できる点が特徴です。ソニーのαシリーズは、スターイーター(星喰い)と呼ばれる、ノイズリダクションによる小さい星が消える現象が起きていました。しかしα7Ⅲでは改善されているとの話もありますし、星景写真であればほとんど気にするレベルではないと言っても過言ではないでしょう。
ニコン Z6
高画素を誇るZ7とほぼ同時期に発売したZ6は、画素数はZ7の半分であるものの最高感度はISO51200。暗闇においてはニコンのミラーレストップの性能といっても差し支えありません。長秒ノイズが少ないというメリットが、天体ファンの間で評判です。タイムプラス機能もついていますし、星景写真向きのミラーレスカメラと言えます。
キヤノン EOS R
満を持してキヤノンが発売した、大口径のフルサイズミラーレスカメラ。「世界初 EV-6でのFA」を実現させており、一部の星にAFが使えます。もちろん手動での調整が必要ではありますが、最初のピント合わせが少し楽になる機種と言えるでしょう。

個人的に欲しいと思うミラーレスはα7Ⅲ
発売時期もほぼ同じで、3種に大きな差はないように感じます。

予算別・星景写真撮影におすすめのカメラ 10万円~20万円

これらのカメラを、価格別に見ていきます。

10万は出せるけど、20万は厳しい……! 

という方におススメなのが、以下の4機。

  • キヤノン EOS 6D Mark II (\131,017~\176,875)
  • キヤノン EOS 6D (¥105,994~¥159,367)
  • ニコン D750 (¥111,000~¥151,277)
  • ニコン D7500 (¥88,135~¥118,649)

※ 価格は2020年2月現在におけるおおよそのもの

10万円台前半~15万円前後で購入できます。

個人的にはあまり予算がない人は無理せずここらへんに留めて、レンズにお金を出した方がよいような気がします。

予算別・星景写真撮影におすすめのカメラ ~25万円

予算は20万円前後 

という方には、ミラーレス3機がおススメです。

「一眼レフがいい」という場合は、少々予算をあげてEOS 5D Mark IVを購入するか、10万円台の上記を購入するのが良いでしょう。

予算別・星景写真撮影におすすめのカメラ 30万円前後

30万円まで出せる! 

という方は、

  • キヤノン EOS 5D Mark IV (\216,800~¥302,403)
  • ニコン D850 (\277,987~\313,967)

あたりを思い切って購入しても良いかもしれません。

ここまで予算が出せるのであれば、D810Aに手を出してもいいような気もしますが……
そうは言っても5万の差が大きいですね。

総評 星景写真に向いているカメラベスト3

総合判断をして、星景写真向きのカメラ(予算30万円以内)ベスト3の発表。

  • 1位 ニコン D850
  • 2位 キヤノン EOS5DMarkⅣ
  • 3位 キヤノン EOS6D & ニコン D750

正直、今回あげた9機はどれもおススメです。
ここまでに来たら撮る人間と腕と条件次第、あとレンズ、みたいなところがあります。

重さは使っていくうえで重要になるので、購入前に一度触ってみる方がよいですね。
私はキヤノンユーザーなので、レンズの兼ね合いもありますし5DMarkⅡが気になっています。

ただ予算を考えると、実際に購入するのであればEOD6Dです。
一方でミラーレスであるのなら、ソニーが気になっています。

理想は星景写真用に一機(重くても構わない)+ミラーレスのカメラ。
普段使いはミラーレスを中心にする、でしょうか。

いずれにせよ無職が考えることではありませんが……。

ニコンとキヤノンの回し者だな?

と思われるかもしれませんが、やはり2大メーカーが強いかなと思います。

強いて今回上げていないメーカの機種を上げるとすると、

オリンパスの「OM-D E-M1 MarkII
リコーの「PENTAX K-1 Mark II

あたりは星景写真向きじゃないかな? と思いますが、こだわりがなければキヤノン&ニコン(+ソニー)から選ぶのがよいと判断しました。

そんな感じで最終的には好みの問題になると思います。

9機の基本スペックを比較してみましたので、参考までに。
星景写真を撮る上での項目を重視したので、詳細は省いてあります。

モデルD850EOS 5D Mark IVEOS 6DD750EOS 6D Mark IID7500Z6ILCE-7M3
(α7Ⅲ)
EOS R
 
メーカーニコンキヤノンキヤノンニコンキヤノンニコンニコンソニーキヤノン
有効画素数約4575万画素約3040万画素約2020万画素約2432万画素約2620万画素約2088万画素2450万画素約2420万画素約3030万画素
有効センサーサイズ35.9×23.9mm36.0×24.0mm35.8×23.9mm35.9×24.0mm35.9×24.0mm23.5×15.7mm35.9×23.9mm35.6×23.8mm35.9×24.0mm
形式一眼レフ一眼レフ一眼レフ一眼レフ一眼レフ一眼レフミラーレスミラーレスミラーレス
画像エンジンEXPEED 5DIGIC 6+DIGIC 5+EXPEED 4DIGIC 7EXPEED 4EXPEED 6BIONZ XDIGIC 8
シャッター速度1/8000~30秒
バルブ
1/8000~30秒
バルブ
1/4000~30秒
バルブ
1/4000~30秒
バルブ
1/4000~30秒
バルブ
1/8000~30秒
バルブ
1/8000~30秒、Bulb1/8000-30秒
バルブ
1/8000~30秒
バルブ
ISO感度64~25600100~32000100~25600100~12800100~40000100〜51200100~51200100-51200100~40000
モニターチルト  チルトバリアングルチルトチルトチルトバリアングル
大きさ約146×
124×
78.5mm
約150.7×
116.4×
75.9mm
約144.5×
110.5×
71.2mm
約140.5×
113×
78mm
約144.0×
110.5×
74.8mm
約135.5×
104×
72.5mm
約134×
100.5×
67.5mm
約126.9x
95.6x 73.7mm
約135.8×
98.3×
84.4mm
重量約915g約800g約680g約750g約685g約640g約585g約565g約580g
発売日2017/92016/92012/112014/92017/82017/62018/112018/32018/10
電源 常温(+23℃)
約300枚/
低温(0℃)
約280枚
常温(+23℃)
約220枚/
低温(0℃)
約190枚
 常温(+23℃)
約380枚/
低温(0℃)
約340枚
  液晶モニター使用時:
約710枚
常温(+23℃)
約370枚/
低温(0℃)
約350枚
バッテリーEN-EL15b,
EN-EL15a
LP-E6N/
LP-E6
LP-E6EN-EL15b,EN-EL15LP-E6N/
LP-E6LP
EN-EL15bEN-EL15bNP-FZ100LP-E6N/
LP-E6

この9機についてはいずれ実際に使用し、より具体的な紹介記事にしていきたいと考えています。

以上です。

あまぼしすずめのTwitter

\最新情報はTwitterにて/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。