食事

チョコ中毒者が砂糖断ちをした効果は!? 肌や顔つきを改善する地獄の3週間

砂糖断ち 効果

どうもこんにちは。
今日も元気にチョコ中毒、あまぼしすずめ(@S_amaboshi)です。

チョコ大好き。3歳のころから毎日食べています。

もしも何らかの事情で「自死せねばならぬ……」という状況になったら、『チョコレート食べ過ぎ死』を選ぶと高校のころから誓っていますね。

チョコレートの致死量……?

チョコレートの厳密な致死量は定かではない
しかし、砂糖の半数致死量※は15000~36000(mg/kg)と言われている
※ 半数致死量=投与した半数の動物が死亡する量

つまり体重45kgの人であれば、675g~1620g
某M社の板チョコレートの1枚(50g)あたりの糖質は約25g
よって体重45kgの人であれば、
理論上およそ27枚~64枚の板チョコを食べると、致死する可能性がある

……意外と少なくね?
うっかり食べて死にそうなんだが。

それはさておき、超チョコ好きな私が3週間チョコ断ち(砂糖断ち)を行いました。
果てしない地獄。

今回は砂糖を断つことで起こった心身的な変化と、砂糖断ちの感想をまとめました。
砂糖やお菓子の過剰摂取に悩んでいる人や、これから砂糖断ちを考えている人の参考になれば幸いです。

この記事の内容
  • 砂糖やお菓子依存の症状・過剰摂取の危険性
  • 砂糖断ちをした記録・感想(3週間)
  • チョコレート中毒者がチョコを断った結果
  • 3週間の砂糖断ちでなにが変化したのか

スーパーで買えるチョコおすすめ
【スーパーで買えるチョコ】本当におススメな市販チョコレート厳選83度の飯よりチョコレートが好きな私が、スーパーで買える本当においしいチョコを紹介します。ブランド品より安価でありながら、ちょっと高級感があり味はピカイチの一品。ちょっとしたプレゼントや、週末のご褒美にぜひ食べてもらいたいチョコレートたちです。...

 

砂糖・お菓子の依存症状 シュガーフェイスとは?

本来貴重な栄養素であるにも関わらず、近年は砂糖=悪という風潮が強いです。
甘いものが大好きな私にとっては、ゆゆしき事態です。

では実際、砂糖依存とはどのような症状指すのでしょうか。

砂糖依存症チェック

甘いものを食べないと落ち着かない、ぼんやりしてしまう
イライラすると甘いものが食べたくて仕方なくなる
頻繁に甘いものを口にしてしまう
身体が常にだるく、疲れやすい。甘いものを食べると元気になる
甘いものを食べ始めると止まらない

いくつ当てはまりましたか?
私はもちろん全部です!

私が食べているお菓子は主にチョコレートですが、2日の消費量がだいたいこれくらい。

チョコレート
すずめ
すずめ
30分に1度の頻度で、1日中チョコ食べてるぜ~ 

会社員時代も、常に引き出しやポケットにチョコレートをIN!
食べながら仕事をしていました。
流石に食べ続けるのはマズいと思い、定期的に席を外しては倉庫で食べていましたね。

食べて少し経つとすぐに体が糖分を求め始め、我慢すると虚脱感に襲われるのです。
もはや禁断症状。

チョコレート依存や糖分依存になると、

  • 冷え性
  • 集中力の欠如
  • 虚脱感
  • 睡眠の質が悪くなる
  • 常に倦怠感を感じる

といった諸症状が身体に出ると言われています。
……なんとなくわかるようなわからないような。

でもチョコは食べたいんだよなぁ。

そんな私が今回チョコ断ち企画を行ったきっかけは、このサイト。

ワイン、糖分、グルテン、乳製品を摂取すると、顔はどう変わる?

過剰な糖分は老化を招くと言われていますが、顔つきに出るらしいのです。
砂糖を多くとっている顔(シュガーフェイス)にはこんな特徴があるとか。

  • 額のシワや小ジワ
  • 目の下のたるみ
  • やつれた印象
  • 顔中に広がる痛そうな膿疱性のニキビ
  • 薄くなってきた皮膚

シュガーフェイス参考・引用:ハーパーズ バザー(Harper's BAZAAR)公式

夢に出てきそう。怖い。

「私ももう若くないなぁ」と鏡を見て思うわけですが、最近目の下のたるみやクマがひどく、顔がやつれているんですね。
そして顔中にニキビができているせいで赤ら顔。

すずめ
すずめ
 これは恐らく……糖分のせいだ

他にも「乳製品顔」「グルテン顔」「ワイン顔」などが紹介されています。
私は恐らく「砂糖顔」「乳清品顔」です。

ここ数年の顔面劣化が凄まじい(特に目元)

ということで、渋々チョコレートおよび砂糖を断ってみよう、と踏み切ったのでした。

砂糖・チョコ断ちのルール

基本的には「甘いもの(甘味)は一切摂らない」です。
お菓子を食べたらその時点で終了。

食べなかったもの

  • 和洋問わず甘味類全般
  • 菓子パン
  • 野菜ジュース以外の砂糖入り飲料
  • 食事もできるだけ砂糖の使用を避ける

糖分すべてをNGにしていたわけではないので、下記のものはOKにしました。

  • 白米・麺類
  • 適度な果糖(くだもの類)
  • 野菜ジュース
  • 調整豆乳

砂糖断ちに役立つおやつ

途中から、

すずめ
すずめ
え? コレ、きつすぎひん……? 

となったため、ドライフルーツもまあ例外的にOKということで、以下のおやつを投入しました。

プルーン
プルーン
マジうま。
大きくなったらプルーンと結婚したいとさえ思えた。

ナッツ&ドライフルーツ
特別ナッツ類が好きではないけれど、心強い味方でした。

砂糖断ちをした記録・感想(3週間)

ここからは1週間ごと、砂糖断ち生活を振り返ります。
身体状態・精神状態はどのように変化したのでしょうか。

砂糖断ち1週間目

早速2日目から、「お向かいのおばさんがくれた」とかいうお土産品をもらいました。

白い針葉樹
誘惑ぅ!

世にはびこる『白い○○』シリーズ。
ちなみにこれ、ホワイトチョコをラングドシャで挟んだもので、中身まで丸パクリ。
地元のお土産なのですが、悔しいかなおいしいです。

 

基本的に甘い物を断つのであれば、甘味類は家に置かない方がいいです。
私はいくつも家に転がっていましたが……。

3日目には友達から、誕生日プレゼントで「スタバ割引券が届きました。
日常的にスタバを利用する人間ではないですが、あのフラペチーノとかいうカロリーモンスターが好きなので、うっかり飲みに行くところでした。

最初の1週間は、甘い物が食べられない状態が憂鬱で仕方なかったです。
というか、1週間たった時点で「まだ1週間……?」という軽い眩暈すら覚えました。

砂糖断ち1週間目の状態
  • 身体状態に変化なし
  • 精神状態はいやに沈み込む(お菓子が食べられなくて)
  • 1日30分~1時間はおやつのことを考えるようになる
  • ちょっとだけ午後の集中力が増す

砂糖断ち2週間目

一番イカれてしまったのが2週間目。
まず、ケーキを食べる夢を見る。

そして10時ころや、3時~19時にかけて、ご飯のことばかり考えるようになりました。
……ボケ老人かな?

集中力は増した気がするのですが、切れた瞬間に脳がごはん一色。

もともと食事はあまり摂らない方だったのですが、食事量が増えました
おそらく、以前はお菓子の食べ過ぎで食事がいらなかったのだと思います。

「あれ、良い傾向じゃね?」と思ったらところがどっこい。
一周回って食事をドカ食いするようになりました。

お昼にから揚げ定食をガッツリ食べて動けなくなったり……。
唐突にかっぱ寿司を訪れて馬鹿食いしたり……。

『食事の時間だけが落ち着く』という状態になり、空腹時にぼーとしていることが多くなってしまったのです。

その間にも店に行くと、誘惑物がいっぱい。

メルティ―キス ホワイト
砂糖断ち2週間目の状態
  • 脳内が食事でいっぱいになる
  • 食事量が異様に増える
  • 身体的変化としては、ニキビが増えた

砂糖断ち3週間目

いよいよラストの週。
精神状態は『無』の境地に入りました。
2週目に比べると、甘い物が食べられないという状態が辛くありませでした。

これは慣れてきたというより、もともと3週間限定で行っていたため「あと1週間!」という希望が見えてきたからかもしれません。

マラソンでいうなら、

2週間目=ゴールの見えない道を走る
3週間目=ゴールが見えだす

みたいな。

先週までの食欲とうって変わり、食に対する意欲が消えました

すずめ
すずめ
 食事なんてなんでもいいや
どうせ甘い物食べられないし

2週目は甘味に対する欲を食事で紛らわしていました。
しかしその代償では満たされなくなったのです。

いわば彼女に振られた男が風俗や別の女に手を出して心の隙間を埋めようとした結果、「やっぱアイツじゃないと駄目なのか……」と虚無になった瞬間です。

自分で言っていて意味わかりません。

砂糖断ち3週間目の状態
  • 精神がランナーズハイ
  • 食欲全般が無くなる
  • 身体的変化は特になし
  • 日中眠くなる日が増えた

砂糖断ちに効果はあったのか?

一般的に、砂糖を断つと以下のような身体的変化が期待できると言われています。

  1. 肌が綺麗になる
  2. 身体が軽くなる・気だるさがなくなる
  3. 体重が減る
  4. 睡眠の質が向上する
  5. 腸の調子がよくなる
  6. 気分が良くなる
  7. 食欲が落ち着く

できる限り変化がわかるように、毎日自分の顔を撮っていました。
スマホのアルバムが自分の顔だらけになりめちゃめちゃキモイです。

それはさておき、

肌が綺麗になる……大した変化なし
2週間目にはむしろニキビが増えました。
顎付近にでっかいニキビ。

砂糖断ち肌質
自分はもともとかなりニキビができやすい体質です。
残念ながら、目に見えた変化を感じることはできませんでした。

身体が軽くなる・気だるさがなくなる
いや、全然。

体重が減る
いや、全然。

体重は42kg~45kgをうろうろしている人間ですが、とくに変化はナシです。
体重を減らす目的はなかったのですが、体脂肪率は少し落ちていました。

あと「顔がシュッとしない?」と言われました……が、自分ではよくわかりません。
二重アゴ気味でしたが、わずかに改善された気もします。

睡眠の質が向上する
むしろ寝不足気味になりました。
砂糖との因果関係は明らかにできませんが、12月は夜更かしをするようになりました。

腸の調子がよくなる
特別そう感じることはありませんでした。

ただ、砂糖断ちに伴い常食していたヨーグルトを止めましたが、腸の調子が悪くなることはありませんでした。
……ヨーグルトとは。

気分が良くなる
お菓子が食べられなくてただソワソワしました。

食欲が落ち着く
増えました。
とはいえ3週目にして落ち着いたので、結果的には食欲が減ったことになるのでしょうか。

最初に述べたシュガーフェイスも、特別改善されたように思いません。

どうも3週間くらいでは、砂糖断ちの効果を目に見えて実感することは難しいようです。
しかし、砂糖断ちが終了して3週間ぶりにチョコレートを口にした瞬間……

めっちゃ人工的な味やん!

と驚きました。

そう。
果糖と砂糖の違いが分るようになったのです。

これは驚きました。
ですが……まあ、それだけです。

「うわ、やっぱ砂糖美味しいやん」と思ってフツーにケーキ食べました。

クリスマスケーキ

砂糖断ちで一般的に言われている効果を得るためには、3週間以上続ける必要があるようです。
また完全に砂糖を断つことは、継続が困難であることがわかりました。

もう少し工夫しないと、精神的に限界がきます。
しかも解禁した瞬間に、以前の倍近くの甘い物を摂取してしまいました。

糖断ち3週間をした結果……
  • 3週間の砂糖断ちは効果がなく、ただ辛い
  • 顔つきや肌・体調に変化なし
  • 食欲が異常に増した後、食に対する意欲が消える
  • 果糖と砂糖の味の違いはわかるようになる

辛かったわりに効果がなく、残念な結果となりました。
(やらなきゃよかった本音)

計画的に少しずつお菓子・チョコの摂取を減らしていくやり方の方が、続けやすいのかもしれません。

死んだような表情を改善させたいので、また考えていきます。

以上です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です