仕事

【エスタロンモカの効果と副作用】眠気覚ましに毎日カフェイン錠剤を飲んだ結果

カフェイン錠剤毎日飲んだら

世は一億総社畜時代。
人々はあらがうすべなく労働の波に飲まれていく――

どうもこんにちは、甘星(@S_amaboshi)です。

でも、おまえニートやん

ってツッコまれそうですが、こんな私も1年前までは会社員として立派にカフェイン依存症になっていました。

会社のロッカーにですね、錠剤の空やドリンクの缶がびっしり詰め込まれていて……
って、それは片付けができてないだけか。

しかしカフェイン依存だったのは本当で、3年ほど毎日のようにカフェイン錠剤(エストロンモカ)を飲んでいたのです

仕事中の居眠りがひどくてですね。
同期や後輩に笑われ、酒の席では他社の人に『会社で寝てる人』と紹介される始末。
(上司には見放されたのか、気づいているはずなのに注意されない汗)

デスクワークで会話はほぼゼロ、ひたすらExcelや電卓、資料と向き合っているだけ。
とにかく眠い。

来世で何人殺ったらこんな仕打ちを受けるんだ……と悩みに悩み、カフェイン錠剤に手を出しました。

すずめ
すずめ
人間辛くなったら行き着くところはヤクですよ。

とはいえ「カフェインは元気の前借」であり、いいことばかりではありません。

今回は3年間カフェイン錠剤を飲み続けた私が、下記のことについて解説していきます。

  • エスタロンモカは眠気にどれほど効果があるのか
  • エスタロンモカに副作用はあるのか
  • カフェイン中毒・致死量について
  • 毎日カフェイン錠剤を飲み続けるとどうなるのか

仕事中の眠気対策としてカフェインを考えている人は、この記事を読んで正しい摂取をしてくださいね。

エスタロンモカとは

エスタロンモカは、エスエス製薬が販売しているカフェイン錠剤(第3類医薬品)です。

眠気・倦怠感の除去薬として、うたい文句は

『ねむけ・だるさに効く。1回量中コーヒー3~4杯分の無水カフェイン配合』

コーヒー色のフィルムでコーティングされており、飲みやすい錠剤です。

他にもカフェイン配合の錠剤やドリンクはあるのですが、色々飲みまくった結果、エスタロンモカが価格的にも効果的にも最適だと判断しました。


そんなエスタロンモカについて、公式サイトを参考に簡単にまとめてみました。

  • 1回分(2錠)に、コーヒー3~4杯分の無水カフェイン(200mg)が配合・眠気を除去
  • ビタミンB1、B6、B12※ が働き、倦怠感を除去
    ※チアミン硝化物(ビタミンB1硝酸塩)・ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)・シアノコバラミン(ビタミンB12)
  • 用法・用量:15歳以上・1回に2錠 6時間以内の連続服用は禁止

難しい成分については専門外なため触れませんが、「カフェインやビタミンが眠気やだるさを取ってくれるのか~」程度のことはわかります。

詳しい成分や使用上の注意を知りたい方は、エスエス製薬商品情報をご覧ください。

今回は素人目線から、エスタロンモカを飲んで得られた効果や副作用について話していきます。

エスタロンモカの効果

私が会社員をやっている時、『眠気ウェーブ』みたいなものがありました。
基本1日中眠いのですが、中でも眠気のビッグウェーブが押し寄せてくる時間帯があります。

それが、

  1. 午前中の11時前前後
  2. お昼過ぎの14時前
  3. ラストスパートをかける16時ごろ

の3つです。

ここらへんは人によって違いがあるとは思いますが、大抵の人がお昼ごはんの後は眠いのではないでしょうか。

そもそも「あかん今日これ寝るわ……」という日は、だいたい朝の時点でわかるんですよね。
朝礼終わって席に着いた時に倦怠感がヤバい。

下手をすると10時ころには目がトロンボーン状態で、11時には安定の舟漕ぎ。

そんなわけで「マジ眠すぎる!」という日は10時半ころに、そうでもない日はお昼過ぎにエストロンモカを服用していました。

錠剤なため即効性はなく、飲んで30分~1時間くらい経つとようやく効き目が現れてきます

効果が出はじめてからは、本当に眠気が飛ぶんです。
急に元気になったような気がして、仕事もはかどります。

目に見えた効果は、およそ3時間半~4時間ほど続いたでしょうか。
(ここらへんも個人差があると思いますが)

カフェインの効果は5~7時間後になくなる、という話も聞きますが、少なくとも私がエストロンモカを服用していた時はもっと早く効果はなくなっていました。

エスタロンモカの副作用

エスタロンモカを服用すると、一時的にとても頭が冴えます。
眠気やだるさが消え、心なしかやる気や集中力なんかも出てくる。

しかし恐怖は、エストロンモカの……つまりカフェインの効果が切れた時。

本当にわかります。効果が切れた瞬間が、身体でわかる。

例えるならば、マリカーでスターが出て無敵モードの走行をしていたけど、唐突に終わりを迎えた時のあの感じ。
BGMが消失するがごとく、身体から元気が消える。
(※ マリカー知らない人すんません)

ふっと力が抜けて、重力が3倍くらいに感じるんです。

眠気よりまず先におとずれるのが、倦怠感。
そして「あ~、切れてきたな」と思い始めてしばらく経つと、眠気もやってきます。

『カフェインは元気の前借』まさにその通り。

カフェインの効果が切れると、摂取前よりひどい倦怠感に襲われてしまうのです。

お昼過ぎにエストロンモカを服用した時は終業30分~1時間前に切れてしまうので、ラスト1時間を廃人みたくぼーと過ごしている時もありました。

1日の疲れも上乗せされ、まさに『倍返しだ!』状態(古い)

カフェインを摂取する際には、ほぼ間違いなく副作用があることを頭に置いておきましょう。

カフェインの耐性・致死率

カフェインの耐性と中毒について

最初のころはカフェイン錠剤やカフェインドリンク(メガシャキや眠眠打破など)を口にすると、劇的な効果が得られました。

しかし来る日も来る日も眠いので、毎日のように常飲していたところ……
やがてその効果が薄くなってきてしまったのです。

これはカフェインに耐性ができてしまう場合で、コーヒーやエナジードリンクを常飲している人にも同じ症状がでます。

飲んでも以前のようなスッキリ感がなくなり、切れる時間も段々と早まってきました。

これでは寝てしまう……と思った私は、

『メガシャキでエストロンモカを流し込む』という暴挙に出ました。
カフェイン飲料でカフェイン錠剤を飲む。

この服用方法は、公式で「してはいけないこと」として明記しています。
危険ですので真似しないでください。

使用上の注意
[してはいけないこと]
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります。)

1.次の人は服用しないでください
(1)次の症状のある人。
胃酸過多
(2)次の診断を受けた人。
心臓病、胃潰瘍
2.本剤を使用している間は、次の医薬品を服用しないでください
他の眠気防止薬
3.コーヒーやお茶等のカフェインを含有する飲料と同時に服用しないでください
4.短期間の服用にとどめ、連用しないでください

(引用:https://www.ssp.co.jp/product/all/estm12/)

ただ効果はバツグンで(当たり前だが)、数ヶ月はその摂取方法を続けていました。

ちなみに日本ではまだ例は少ないですが、カフェイン中毒による致死という事故があります。

2017年6月の日本経済新聞によると、2011年からの5年間で101人がカフェイン中毒で救急搬送、うち7人が心停止となり、3人が死亡(https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG13H57_T10C17A6CR8000/)

カフェイン中毒の主な症状は、頭痛、神経過敏、吐き気、興奮、不眠、顔面紅潮、利尿、胃腸の不調、手足の震え。
ひどくなると筋肉のけいれん性収縮、不整脈、精神錯乱、幻聴、幻覚……等々。

日本のエナジードリンクは海外に比べサイズが小さいため、よほどの本数を飲まない限りカフェイン中毒になる可能性は低いです。

搬送患者の9割が、眠気防止薬やコーヒーと合わせて飲んでいたとのことでした。

すずめ
すずめ
 まさに私がやってるやつじゃん!!!

このニュースが話題になったころ、私は絶賛カフェイン漬けの日々にいました。

ちょっと怖くなったため、カフェインの致死量を調べたこともあります。

カフェインの致死量

カフェインは一度に1g以上摂ると中毒症状が出て、5g~10gで死に至る可能性が高いと言われています。

※ ただし体重などの個人差が大きいため、一概には言えません。
ここでの一度というのは、およそ1時間以内の時間です。

ここで身近にあるカフェイン飲料や錠剤・飲み物のカフェイン量をまとめてみました。

品名 種類 カフェイン含有量(1回の摂取量あたり)
エスタロンモカ 錠剤 200mg/2錠
トメルミン 錠剤 500mg/3錠
カフェロップ ドロップ 166mg/4粒
眠眠打破 飲料 120mg/50ml
メガシャキ 飲料 100mg/100ml
リポビタンD 飲料 50mg/100ml
リゲイン 飲料 50mg/50ml
アリナミンV 飲料 50mg/50ml
レッドブル 飲料 80mg/250ml
モンスターエナジー 飲料 142mg/355ml
コーヒー 飲料 90mg/250ml
紅茶 飲料 60mg/200ml
緑茶 飲料 40mg/200ml

種類が多い飲料については、初期のノーマルタイプのもの。

こうやってみると、100mlあたりのカフェイン含有量が1番多いのは眠眠打破
錠剤ではトメルミン

つまりトメルミンを眠眠打破で飲めば最強。
※危険ですので絶対やらないでください。

最強の眠眠打破ですら、致死量にいたるには40本ほど飲まなくてはいけない計算です。

しかし中毒になる人は、先ほど書いたように合わせ飲みをしているため、飲料自体の量は少ないことがあります。

いずれにせよ取り過ぎは危険ということです。

毎日カフェイン錠剤を飲み続けるとどうなるのか

さて、会社員時代は3年ほどに渡り毎日カフェイン錠剤やカフェイン飲料を口にしていた私ですが……どういう症状が現れたか簡単に説明します

  • 虚脱感
  • 眠気
  • 手足の震え
  • 動悸
  • 眠りが浅くなる

いや、もうこんなのヤク中の禁断症状やん、って感じですが、カフェインを常飲しまくるとこうなるんです。

まずカフェインが切れると虚脱感や眠気に襲われます。

軽く摂取した程度ならこれで済みますが、カフェイン錠剤×カフェイン飲料、ここにコーヒーなんぞを飲んだ日には、切れた後が地獄。

手足がしびれるというか震えるというか、感覚が薄くなります。
さらに息苦しさも覚える。

集中力ももちろん消えますし、この状態で仕事をこなすのは至難の業。
仕事をサボって、会社の裏でぼーっと空を眺めている時もあったくらいです。

元気でもロクな働きぶりではなかったですけど、勝手にコストパフォーマンスを落としているというかなり厄介な社員になり果てていました。

さらにカフェインの影響なのか、眠りが浅く寝た気がしない毎日でしたね。

あと顔も死んでました。
……これは多分元からです。

カフェイン錠剤の摂取をやめた今 まとめ

そんなこんなで3年ほどカフェイン漬けの日々を送り、2018年秋から無職です。

起床時間が2時間近く遅くなり、睡眠時間がぐっと増えました。
(会社員時代は朝5時ころに起床していました)

日中わけのわからん嫌なことをしなくてもいいため、眠気を感じる日が激減。

会社を辞めてからは、一切カフェイン錠剤やドリンクを口にしていません。
エナジードリンク等も、もともと甘い飲料が好きではないため飲んでいません。

生活が一変したため『カフェイン摂取をやめたから』とは言えませんが、もうめっちゃくちゃ身体が軽い

あの、ゾンビみたいな歩き方で会社の廊下を歩いていた日々が嘘のようです。
(マジで前のめりでズルズル歩いてました、眠くて)

頭が重いとか頭痛がひどい、といった悩みも消えました。

まあ、当たり前だけどカフェインガバガバ摂取するのなんて良くないよね。

あくまで一時的なので、「どうしても起きていられない」「寝てはいけない」時のカードとして切るべきです。

常飲し出したら『ヤバい』とだけ覚えておきましょう。

結局私は極度の睡眠不足が就業中の眠気の原因だったので、まずは「6時間睡眠がとれているか?」について見直すことをおすすめします。

しっかりとした睡眠時間をとれても意識が飛ぶレベルの眠気に襲われるようなら、ぜび病院へ。

また仕事の関係でどうしても睡眠時間がとれないのなら、個人的には転職も視野にいれてもいいと考えています。

現に私の退職理由の1つは「就業中起きていられない」でした。

寝不足・眠気というのは恐ろしくコストパフォーマンスを下げます。
しっかりと睡眠がとれてこそ、元気な心身で仕事や趣味に打ち込めるというもの。

カフェイン中毒だったアラサーが無職になって感じたことは、

睡眠はマジで大事

ということでした。

しっかりとした睡眠をとりつつ、上手なカフェインとの付き合いをしましょ~。

【余談】
我が家には、社畜大好き「モンスターエナジー」を2年間毎日飲み続けている兄(無職)がいます。

これに関してもいつか『毎日モンスターを飲み続けるとどうなるのか?』という記事をまとめてみたいですね。

以上です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です