運営者について

【大人の自由研究】『うんこドリル文章題』における「うんこ」の総数と使用率についての考察

大人の自由研究うんこドリル

うんこで鍛える前頭葉。

どうもこんにちは、あまぼしすずめ(@S_amaboshi)です。

わずか1週間で、一生分のうんこと触れ合いました。
これから先私が関わるうんこは、すべて来世のストックです。

さて。
「ゲテモノ食いと下ネタに走ったら物書きは終わり」と口酸っぱく言っていたのに、またも走ってしまいました。

(ちなみにゲテモノの記事はコチラ)

みなさんは『うんこドリル』なるものをご存知でしょうか。
文響社より出版された、問題文に「うんこ」が登場する小学生用ドリルです。

日本一楽しい学習ドリルと銘打って、人気を博しました。

子どもはうんこが大好きですよね?

30歳過ぎた兄のラクガキを見るに、どうやら人は大人になってもうんこの虜のようです。

窓に描いたうんこのラクガキ

そんなわけで今回は『大人の自由研究in夏休み』と称して、私が「うんこドリル」を徹底的に調べつくしました

あまりに下品な内容ですので、許容できる方のみ読み進めてください。

それではLet’s unko!
(もはや動詞としても使える便利な言葉。意味はわからんけど)

小学22年生、『うんこドリル小学3年生文章題』を解く

今回使ったドリルはコチラ。
うんこドリル小学3年生文章題(1,150円+税)

うんこドリル文章題小学3年生

……高い!
算数の文章問題を扱った計算ドリルになります。

うんこドリルシリーズは未就学~小学6年生が対象。
漢字・計算など豊富なラインナップですが、一番面白そうなので文章題を選択しました。

3年生を選んだ理由は、文章題が3年生までしかないためです。

すずめ

ふう……小6の問題は解ける自信がなかったぜ

そんなわけで小学22年になる今年、約20年前を振り返りつつ、うんこの魔法が振りかけられたドリルを解いていきたいと思います。

うんこドリル文章題小学3年生
うんこドリル先生

にしてもこのうんこティーチャー、100kgのバーベルを担ぎながらランニングマシーンだと?

人間技じゃねえな。
……いや、人間じゃないのだが。

どことなくフォロワーさんの誰かに似ている気もしますが、他人の空似でしょう。

tdkさん

内容はカオス

うんこドリル文章題
うんこドリル文章題

出オチというか、1ページ目から狂気。
この狭いB5空間だけで、すでに13回「うんこ(unko)」という単語が登場する騒ぎです。

問題はこんな感じ。

  • 2年生の復習(九九)
  • かけ算
  • わり算
  • あまりのあるわり算
  • 時刻と時間
  • 筆算
  • 小数
  • 分数

などなど盛りだくさん。

早い子だと、小3くらいから授業についていけなくなるかもしれません。
そんな時こそ「うんこドリル」!!

私はそろばんの授業であまりにもデキが悪く、ババア教諭に、

BBA

もう知りません! 勝手にしなさい!

と怒られたのですべて筆算で解いた覚えがあります。

数年後にディスカリキュリア(LD)と診断されたので、今からでもあのBBAを埋め立て地に連行してもよろしいでしょうか?

それはさておきサクサク解いていきます。
寝ても覚めてもうんこ。

うんこドリル

子どもに変な性癖が植え付けられないか心配です。

うんこドリル注意書き

それを危惧してか、当たり前の注意書き。
問題自体は簡単ですが、凡ミスをやらかてしまいました。

うんこドリル文章題

問題は25章+まとめテストで、全252問

内11問は漢字テスト、7問は「スーパーうんこ問題」というお遊び問題なので、純粋な計算問題は234問になります。

うんこを数えてみた項目について

人生にこれ以上の無駄が存在するのでしょうか?
『うんこドリル』に登場するうんこの個数を数えてみました。

下記の項目において、「うんこ」という単語・うんこのイラストの二種類をカウントします。

  • 表紙と表紙の裏
  • 背表紙
  • 裏表紙と裏表紙の裏
  • 目次
  • 本文
  • 答えと余白
  • 広告欄
  • シール

つまりはすべてです。

なぜそんなことを??

すずめ

そこにうんこがあるからさ

『うんこドリル』に登場するうんこの数を単語とイラスト別に集計

では実際にどれほどのうんこが登場するのでしょうか。
単語とイラスト別に集計した表が以下のものになります。

単語(回)イラスト(個)
表紙21
裏表紙8730
背表紙11
表紙の裏(説明)3022
裏表紙の裏33
数え方の表28
目次11
広告欄3148
シール47
単語(回)イラスト(個)
13345
26734
33412
44926
53942
62225
72113
85514
94040
10175
11534
12224
132213
143269
15126
16458
1734135
182751
192714
202610
21169
223143
23358
242214
251634
まとめテスト2412
平均31.626.5
答え930

平均で1つの章に31回うんこという単語、そして26個のイラストが登場します。

グラフ化するとこんな感じ。

うんこドリルの単語数グラフ
うんこドリルイラストの登場数

注目すべきその1は、使用回数が多い設問と少ない設問がおよそ交互に繰り返されることです。

うんこウェーブとも呼ぶのでしょうか。

最初から最後まで大量だと疲れてしまうと考えたのかもしれません。
緩急をつけているのですね。

さらに単語出現回数のみを見ると、グラフはわずかに右下がりになっています。
これが発見その2。

大量放出を決めた前半と比較すると、後半では40回を超える出現はほぼなくなっている――そう、明らかに失速するうんこです。

これは制作サイドのうんこに対するモチベーションが下がったからではないかと考えました。
我に返ったらこのドリルと触れ合うことはできません。

本当に全問題にうんこが使用されているのか?

うんこドリル文章題

表紙には、「全問題でうんこの使用に成功!」との文字。
それがまるで使命であり、誇るべきことのように強調されています。

One question One unko
(……いや違うな)

しかし本当に全問題に使われているのでしょうか?

文響社さんを疑うわけではありませんが、念のため全252問の設問を調べてみました。

するとどうでしょう。
「全問題の使用」について、やや懐疑的な結果になったのです。

問題文に登場するからセーフか?

設問に「うんこ」が登場していない問題がありました。

うんこドリル文章題

とはいえ直前の大問文章題に登場させているので、セーフなのかもしれません。
このような形式をとっている問題が他にも4問ありました。

「全問題で」と謳っているなら設問単位で登場させて欲しいところですが、ひとまずセーフにしましょう。

セーフ寄りのアウト

しかしおまえらはダメだろ。

うんこドリル文章題
うんこドリル文章題

章の問題と関連しているものの、「かくにん問題」として独立した問題。
大問の問題文がなくとも解ける設問になります。

この2問に関してはセーフといいかねますね、私は。

1問における「うんこ」の使用率・200%超!?

2問については使用が怪しいものの、全体を通してどの程度「うんこ」という単語は登場するのでしょうか?

1問あたりの使用率を求めてみました。
結果はこちら。

単語(回)問題数(問)1問あたりに登場する
単語数
使用率(%)
133113.00300%
267106.70670%
334113.09309%
449124.08408%
53994.33433%
622102.20220%
72163.50350%
855115.00500%
940182.22222%
101772.43243%
115395.89589%
122292.44244%
1322102.20220%
1432103.20320%
151262.00200%
1645104.50450%
173493.78378%
1827102.70270%
1927102.70270%
2026112.36236%
211672.29229%
2231112.82282%
233584.38438%
242254.40440%
2516121.33133%
まとめ24102.40240%
平均31.69.73.31331%

設問数が各章で平均9.7問なのに対し、うんこという単語は約31回も登場。
問題数をうんこの数がゆうに3倍近く上回る結果は……まあ、予想内です。

パーセンテージが高いほどうんこ>問題となり、ページに占めるうんこ密度が高くなっていることを示しています。

つまり問題がおざなりにされているというわけですね。

これを問題文・設問文のみの登場に限定しました。
横に書いてある落書きは除外するというカウント方法です。

単語(回)問題数(問)問題文のみの出現回数1問あたりに登場する
単語数
使用率(%)
13311292.6264%
26710191.9190%
33411282.5255%
44912302.5250%
5399343.8378%
62210202.0200%
7216152.5250%
85511343.1309%
94018301.7167%
10177152.1214%
11539232.6256%
12229192.1211%
132210202.0200%
143210303.0300%
1512681.3133%
164510393.9390%
17349283.1311%
182710252.5250%
192710171.7170%
202611242.2218%
21167131.9186%
223111161.5145%
23358263.3325%
24225132.6260%
251612141.2117%
まとめ2410232.3230%
平均31.69.722.82.4238%

結果、もっとも使用率が高い16章で390%を記録しました。

1問につき約3.9個の「うんこ」が登場する計算。
実際に見てみたところ……

うんこドリル

うん、たしかに使われてるわ!

全体平均は238%。
さしずめ「うんこ200%」といったところでしょうか。

うんこ200%

原作ファンに刺されないかと、不安で夜も7時間しか眠れそうにありません……。

うんこの出現回数とストーリーに相関関係があるのか調べてみた

続いてはちょっと違う視点から調べていきます。
『うんこドリル』に登場するうんこの数を単語とイラスト別に集計では、単語登場回数とイラスト個数を調べました。

この項目では、数字の変動に何か意図があるのか仮説を立てます。

『うんこドリル』は大問がそれぞれストーリー構成になっているのですが、

  • 2章
  • 7章
  • 17章
  • 19章
  • 24章

の5つだけは、ストーリーが繋がって物語調になっています。

うんこボーイという人型ロボットが、

うんこドリル文章題

悪のうんこ軍団たちと戦う話です。

うんこドリル文章題

一度は勝利しますが再び窮地に立たされて……とありがちなストーリー。

うんこドリル文章題

簡単にまとめると各章の展開はこんな感じになります。

  • 2章:うんこボーイ登場
  • 7章:悪のうんこ軍団(敵)の登場
  • 17章:うんこマシンガンにて一度は勝利
  • 19章:敵の復活
  • 24章:再び窮地に陥るが仲間が助けにきて勝利

なおTo be continued…になる展開。マジかよ!

うんこドリル文章題

これを序破急、あるいは起承転結に分類すると以下のようになります。

序破急または起承転結
  1. 序:2,7章
  2. 破:17,19章
  3. 急:24章
  1. 起:2,7章
  2. 承:17章
  3. 転:19章
  4. 結:24章

ストーリーの盛り上がりをグラフ化すると、こんな感じになるでしょう。

うんこドリルのストーリー

ストーリーラインは、『シンデレラ』に見られるものと同じ。
シンデレラ曲線と呼ばれる構成になります。

すずめ

この「ストーリー曲線」と「うんこの登場数」が相関したら面白いのでは?

と思い、調べてみました。
つまり「ストーリーの起伏とうんこの数は比例するのか?」という検証です。

シンデレラ曲線

結果

うんこドリルのうんこ登場回数グラフ

青:単語数
赤:イラスト数
紫:1問あたりに占めるうんこの数

当然といえば当然ですが、両者の間に相関関係は見られませんでした。
(24章の使用率が低いです)

無駄の極みィ……。

『うんこドリル』に登場したうんこの総数はXX個

レポートも終盤。
みなさんが気になる、『うんこドリル』に登場したうんこの総数です。

今回カウント対象となったのは、

  1. うんこという単語
  2. うんこのイラスト
  3. うんこ先生
  4. 問題番号
  5. 式と答えと筆算

の5つです。

4と5ですが、問題番号、そして式と答えと筆算がうんこのシルエットになっているのです。

うんこドリル問題

芸が細かい!
これらすべてを数えた結果、以下のようになりました。

問題以外単語イラスト
表紙21
裏表紙8730
背表紙11
表紙の裏(説明)3022
裏表紙の裏33
数え方の表28
目次11
広告3148
シール47
157161
計 157+161=318
単語イラスト問題数
(シルエット)
式と答えと筆算(シルエット)小計
133451120109
267341024135
33412112077
449261224111
53942918108
62225102077
7211361252
85514111090
94040185103
1017571241
1153492187
1222492257
132213102469
1432691024135
1512661539
16458102386
1734135922200
1827511024112
192714102374
202610112471
2116971244
2231431120105
2335882273
24221451051
251634122385
まとめ問題2412102369
答え930234426699
8307204869232,959

合計 318+2959=3,277個!

『うんこドリル小学3年生文章題』では、合計3,277個のうんこが登場するということがわかりました。

これが他の問題集と比べて多いのか少ないのか。

気にはなるものの、これ以上やると私の脳が本当にうんこ一色になりそうなのでやめておきます。

意外!「うんこ」という単語を書かせる回答は1問しか存在しなかった!?

最後に。

驚くほど下品な問題ぞろいで、親御さんも難色を示しそうな『うんこドリル』
とはいえ、答えで「うんこ」という単語を書かせる問題は実は1問しかなかったのです。

意外だと思いませんか?
それがこちら。

うんこドリル文章題

たった1問です。

3,277個もうんこが登場するにも関わらず、1度しか書かせない。

これは逆説的に『うんこドリル』は下品ではない、と言えるのかもしれません。

そろそろ自分でも何を言っているのかわからなくなってきました。

『うんこドリル』で自由研究まとめ

うんこドリル文章題

子どもの計算ドリルと侮ることなかれ。
大人もこんなに楽しめてしまう『うんこドリル』

素晴らしいですね。

私は時々、大人は意味を求めすぎていると感じることがあります。

これを読んで、

なんて下らないことをしているんだコイツは。働け

と大半の方が思ったことでしょう。

後半においてはぐうの音も出ませんが、下らないことは決して悪いことではありません。

子どもの頃、意味もわからない下らないことに一生懸命になりませんでしたか?
それでいいじゃないですか。

私たち(大人)は、行動の前にその意味と結果について考え過ぎているのです。
たまには下らないことに全力になってみてみることも大切ではないでしょうか?

意味や結果なんて、後からついてくるかもしれないのですから。

……などと良い話で終わらせようとしてるけど、うんこじゃ未来は開けない。
もう吟遊詩人かなにかとして生きていけないだろうか。

©マジンジラ

以上

あまぼしすずめのTwitter

\最新情報はTwitterにて/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。