映画・読書

【はねバド!最終回感想】綾乃たちの未来を語る(ネタバレあり)

はねバド!最終回感想

漫画「はねバド!」がの11月6日に最終巻16巻にて堂々の完結を迎えた。

発売日から少々時間が経ってしまったが、感想を書いていきたい。(好きだったしね、はねバド!)

「絶対しない、というか無理だろ(絵柄的に)」と思っていたアニメも放送され、長年ファンをしていた身からすると有名になってくれて嬉しかった。

最終回数話前までは若干の尻すぼみ感も否めなかったが、なんだかんだで最終回を読んだら「ええ話だったなぁ」で終わることができた。

そんなわけで最終回の感想を交えつつ、それぞれの未来について語っていこうと思う。
ネタバレはバリバリあるので要注意。

最終回は2年後

1話前の「78thラリー」でインターハイ決勝戦が終わり、そこからは試合後の後日談を挟んですぐに2年後へ飛ぶ、という構成になっている。

個人的に大会が終わった後の雰囲気は『祭りの後感』があって好き。
……まあ、大会があるような部活動やったことないけど?

一応載せておくと、インターハイの結果(準々決勝以降)は以下の通り。

決勝
○綾乃(27,27,30)ー ●コニー(25,29,28)

準決勝
○綾乃(20,21,22)- ●志波姫(22,18,20)
○コニー(21,21)- ●津幡(13,6)

準々決勝
○綾乃(17,23,2×)- ●益子(21,21,2×)ラストゲームスコア不明
コニー(24,18,25) - ●なぎさ(22,21,24棄権)

シングルスで全国大会二枠を取るメンバーがいながら団体県大会負けはさすがに草。
……と思ったけれど、2018年インハイのふたば未来学園がまさにそれだったから、まあリアルでもまれにあるようだ。

ダブルスは益子と旭ペアが優勝、さきとスズのコンビが準優勝。

フレゼリシアのコンビは正直ここまで強いとは思っていなかったので驚くとともに、「絶対1巻のころにはなかった設定だろ」とツッコんでしまう。

2年後 それぞれの今

神奈川体育大へ なぎさ・石澤・豊橋・北小町メンバー

神奈川県の体育大に進学したのはなぎさ石澤、そして豊橋
現在は2年生。

はねバド最終回
(画像:©はねバド!16巻)

本編では接点がなかったが、なぎさと豊橋がダブルスペアを組んでいるという意外な展開を見せる。
しかもなかなか強いようで、日本代表。

あえてなぎさと石澤を組ませなかったところがなんかいい。
この二人は友達でありライバルだよね。

実は理子ちゃん先輩海老名伊勢原の北小町メンバー3人も神奈川体育大に進学している。

海老名は「体育の先生になりたいから」、理子は「なぎさを見ているのが面白いから」という理由。
二人はマネージャーに転向し、伊勢原だけは競技を続けているようだった。

世界ランク2位 コニー・クリステンセン

強すぎるだろ、コニー

コニーはインハイが終わるとすぐ、デンマークへと帰国したようである。
交換留学生の制度ってそんな数ヶ月やそこらなの? とは思うけど、そもそもコニーは現地で高校生だったのかすら怪しいレベル。

2年後は世界ランク2位まで上り詰め、全米OPの決勝では世界ランク1位の王麗暁と対戦する。

はねバド最終回
(画像:©はねバド!16巻)

あっさりママが死んだことが明かされる。

おい。
……おい。

なお決勝でコニーは惨敗した。

日本代表の津幡

三強の中では最弱、とか揶揄されていた津幡も高校卒業後は実業団入りを果たし、現在は日本代表。

全米OPでは3回戦で王に負け、全日本総合では綾乃に負けて準決勝。
「いや普通に20歳でそれすごくない?」という成績を残しているようである。

3年生のメインキャラで実業団に行ったのは津幡と久御山(京都代表の子、本編では試合シーンがなかった笑)のみ。

まあ、実際のところバドミントンはインハイ上位勢も進学するから、ここら辺はリアルかなとも思う。

ちょっと触れられるなぎさと立花の恋愛話

そういえばなぎさは、準々決勝の時に立花に告白していた。この作品唯一の恋愛要素である。
「あれどうなったんだ?」と思ったら、そこそこ上手く行っているようなことが書かれていた。

しかし付き合っているわけではなく、『今はお互い競技に集中しているの!』とのこと。
まあ、そのうち結婚とかするやろ(適当)

立花は大学卒業後、バドミントン日本代表のスタッフに入った。

そういえば最後まで立花の年齢は明かされていなかった気がするが、一体彼はいくつなのだろう。
実業団入りのあと引退して大学に進学しているから、実はもう20代後半なのでは? とも思う。

松川が語る有千夏の最期

バトラッシュの記者にして元同僚である松川が、有千花の最期の姿を少し回想する。

ラストまでずっと曖昧にされていたけれど、有千夏は癌だったことが明かされる。
墓を見ると2016年の12月に亡くなっているので、インハイ後3ヶ月ほどで亡くなってしまったようだ。

最期まで娘とバドミントンのことだけを考えていた彼女の生き方を羨む松川。
綾乃とコニーとも和解し、最期の時間は3人で過ごせたみたいでなにより。

ある意味話の根源でもあった気がするけど、あえて3人の揃ったシーンにセリフがないのはいいのかもしれない。

母の墓前で語る二人の娘

ようやく主人公の登場。

国際大会はすべて辞退している綾乃に、「ママの一番弟子なんだから麗暁とはもう一度ちゃんと戦った方がいい」というコニー。

はねバド最終回
(画像:©はねバド!16巻)

綾乃はインターハイからすべての大会で連勝しているが、国際大会には出場していない
日本代表も辞退しているようである。

「今は普通の生活を優先したいんだよね。友達と過ごしたり一応勉強したり」

という理由で、高校卒業までは国際大会に出ないという姿勢を頑なに貫いていた。

コニーと綾乃はいまでは姉妹であり、友人でありという良好な関係を築いている。
綾乃がコニーのことを呼び捨てにしていたところからも、二人の仲をうかがえた。

フレ女のメンバーはいまだ仲良し

ここまでキャラが多いと後日談を1話でまとめるのは大変だろうなぁ、と思いつつ全員描いているところがすごい。

多賀城は高校卒業後、ヴィゴの強化選手として日本代表を目指している。
ちなみにその強化選手には同じ二年生組の狼森も参加しているようだ。

ヴィゴはすっかりお爺さん、という容姿になっていたが実際は2年しか経ってないよな?

コニー・志波姫・多賀城をのぞくメンバー4人は、宮城体育大という地元の体育大に進学していた。

相変わらず仲が良い。
バドミントンは続けているので、インカレなどではそこそこ活躍しているのではないかと考えられる。

志波姫と益子 バドミントンを辞める

吹いた。
一番の衝撃ですわ。

有望と言われていた世代のトップ2が揃いも揃ってバドの世界から退いているのはさすがに笑った。
間違いなく大学からも実業団からもスカウトが来ていただろうに……。

志波姫はアメリカの大学に留学し、海洋物理学を学んでいる。
(そういえば釣りが好きだって言ってたね)

彼女はまあ、ちょくちょく『バドミントン以外の生き方』について話すシーンがあったので、そっちの道を選択したのだろう。

いつか復帰する予定があるのか、現状競技に関わっているのかはわからない。
以前「部活動としてのバドミントンを一番貫いているキャラ」と彼女を称したことがあったが、本当にその通りになってしまった。

はねバド最終回
(画像:©はねバド!16巻)

余談だが、志波姫の机の上に置いてある写真が若柳も入った集合写真でなんだか嬉しかった。
わずかな間でもルームメイトだった若柳は、志波姫にとっても大切な存在だったのだろう。

(若柳は番外編の小説にのみ登場するキャラクター。志波姫の後輩であり、多賀城のライバルでもあった)

一方の益子は大学に進学し、幽霊バドミントン部員になっている。
ロクに講義にも出ず、同じ学校に進学したに食事の世話をしてもらうというニート大学生っぷり。

はねバド最終回
(画像:©はねバド!16巻)

最前線からは退いたものの、彼女はバドミントンを辞めたわけではなく、曰く「進藤待ちしてる」
綾乃が本格的に代表入りをしたら、彼女も本気でバドミントンの世界に戻ってくるつもりなのだろうか。

「2年のブランクはやばくね?」とも思うが、彼女ならどうにかしてしまうのかもしれない。

やっぱりブラコンで可愛い。

志波姫も益子も、ともに綾乃と戦った二人。
準決勝、準々決勝の戦いが彼女たちの未来に影響を与えたのは言うまでもないだろう。

かつて時代を作った二人がいつの日か前線に戻る日が来るのか来ないのか。
こういう終わり方も悪くはないと感じる。

ちなみに益子と旭と同じ大学に、横浜翔栄のペア(橋詰&重盛)も通っていた。
サークル活動ではあるがバドミントンは続けているようだ。
この二人はまあ、競技で食べていけるほどの実力ではないからリアルな感じがある。

高校九冠をかけて 綾乃VS芹ケ谷

夏・秋・春の大会に加え、今年からヴィゴ・キアケゴー財団による「エキシビジョントーナメント」が開催されることになった。

ラストはその決勝戦の舞台。

高校すべての全国大会で優勝している綾乃は、9冠をかけて決勝の舞台に立つ。
対する相手は、1年の春からすべて準優勝を飾っていると紹介されたライバル・芹ヶ谷
なんだかんだで綾乃のライバルポジは彼女であることを再認識するラストだ。

夏はインハイ、春は選抜。秋は全日本ジュニア。

いや3年間、全部優勝はさすがにすごい。
インハイ三連覇の女子って、リアルでも山口さんが史上初で男子に至ってはまだいないくらい。

半端ない快挙。
はねバド!は主人公チート作品みたいなところが確かにあったけれど、それを最後まで貫いた作品になったということだろう。
なぎさに負けて以降、公式戦連勝記録を達成しているらしい。

綾乃の功績が異常で霞んでしまっているが、芹ヶ谷も十二分にとんでもない実績を持っている。

そんな彼女たちの世代が世界に出るようになったら、日本のバドミントン王国が始まると予見する立花。

2人の試合を観るために、メンバー総集合!
如何にも最終回です!みたいなわちゃわちゃした雰囲気が好きな自分にとっては、嬉しいラストとなった。

はねバド16巻
(画像:©はねバド!16巻)

「バドミントンは嫌いだからやらない!」と言っていた綾乃の成長譚・完
一応サブタイトルに『The Badminton play of Ayano Hanesaki!』が付いているだけあるね。

つーかタイトルが多分「羽咲綾乃のバドミントン」の略だわ、普通に。

まとめ

6年間の長きにわたり綴られた彼女たちの物語もついに終わってしまった。

はねバド最終回
(画像:©はねバド!16巻)

理子ちゃん先輩が最後に良いことを言っているが、まさにその通りだろう。

バドミントンという競技を通して描かれた、彼女たちの物語を知ることができて本当に良かった。
作画変更とか闇落ちとか、色々にキャッチャーな部分で話題にもなったけれど、スポーツものとしては異色な部分もあり、それでいて王道要素もあり楽しむことができた。

日本のバドミントンが今メチャクチャ強くなってきているので、五輪を機にもう一度この作品が盛り上がって欲しいなぁ、とかは思う。
(なにせバド主体の漫画が少ない)

濱田先生にはぜひ次もスポーツものを描いて欲しいところだけど、なんにせよ引き続き追っていきたい。
6年間ありがとうございました!

(個人的)名シーンをまとめたランキングも作ったので、良かったら読んでいただきたい。

はねバド!名シーン
漫画『はねバド!』の名シーンを語っておきたい-前編-あと数日で、最強のバドミントン漫画「はねバド!」が完結する。 (2019年10月5日現在) 好きだった漫画の完結には、いつも期待...

以上。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です