お買い物

【hl-l2375dwレビュー】ブラザーのレーザープリンターとインクジェット複合機を比較してみた

インクジェット複合機とレーザープリンター比較画像

どうもこんにちは。
プロ仕様になっていく机周りに自身の能力が追いつかないあまぼしすずめ(@S_amaboshi)です。

小説の印刷・推敲用にブラザーのレーザープリンター『HL-L2375DW』を買いました!!

brother HL-L2375DW念願のレーザープリンターです。

レーザープリンターってお高いんでしょう? 

 実は、なんと1万円台で購入出来たんですね。

すずめ
すずめ
いやいや、1万円ってどうせ安かろう悪かろうやろ…… 

と怪しんだものの、これがそこまで粗悪品でもない。

そんなわけで今回は、ブラザーのレーザープリンター『HL-L2375DW』を使ってみての感想、メリット・デメリットを紹介します。

すでに持っているエプソンのインクジェットプリンター『EP-807AB』と使い勝手やコスト面で比較をしているので、レーザープリンターを買ってみようかと考えている方は参考にしてください。

この記事の内容
  • ブラザーのモノクロレーザープリンター『HL-L2375DW』のレビュー
  • レーザープリンターとインクジェット複合機の比較
    (運用面・コスト面)
  • レーザープリンターとインクジェット複合機のメリットとデメリット

レーザープリンターの購入を決めた理由

個人的な話なので、飛ばして頂いても構いません。

HL-L2375DWの基本スペックへ

私は普段、文書の印刷をメインにプリンターを使用しています。

以前から小説を仕上げる際には、
印刷に出す→見直し→打ち込み→印刷→見直し→打ち込み→印刷(完成)
という感じで、何度も印刷をしていました。

文章の推敲はPC上だけで行うより、実際に印刷して声に出して読んでみる方が格段に効果があります!

多い時だと3回ほど印刷に出してチェックをするので、合計200枚~300枚近く印刷するわけです。

一度に印刷する枚数はだいたい50~100枚。
これをインクジェットのプリンターで印刷すると、10分~20分かかります。

しかも印刷途中に「給紙をしてください」だの「カートリッジを替えてください」だのとやかましい。

すずめ
すずめ
ワイは短気なんや!!

ということで、より印刷スピードの速いレーザープリンターに憧れるようになりました。

家庭用レーザープリンター比較

私の希望はこんな感じです。

  • 価格は3万円以下
  • 無線LAN対応がいい
  • モノクロで構わない
  • 1分間に30枚近く印刷可能
  • W40×D40の棚に載るサイズ
  • A4コピー用紙が印刷できればいい

そして吟味の結果選ばれたのが、brotherの『HL-L2375DW』でした。

brother HL-L2375DW地元を応援する意味でも「プリンターはエプソン!!」と誓っていた私、ついに浮気。

最後まで比較対象になったプリンターは、キャノンの『Satera LBP224』です。

HL-L2375DWSatera LBP224
メーカーブラザーキャノン
プリント速度(分)片面34枚・両面16枚片面38枚・両面31枚
印刷最大サイズA4A4
給紙枚数250枚250枚
大きさW356*D360-H183W399*D373*H250
重量約7.2kg約8.8kg
無線LANありあり
価格(アマゾン参考)12,055円(税込)27,300円(税込)

決め手は価格ですね。
本当にお金がなくて……。

brotherは家庭用プリンターに力を注ぐメーカーでもあります。

そのため安価な製品が多く、銭なしの私はつられてしまいました。

HL-L2375DWの基本スペック

HL-L2375DWのスペックです。

印刷形態モノクロレーザープリンター
プリント速度片面34枚・両面16枚/分
ファーストプリント約10秒
印刷最大サイズA4
給紙枚数250枚(A4コピー用紙) 手差し1枚
対応OSmac v10.105~ Windows7~
装置寿命約5万枚 または 5年
大きさW356×D360×H183
重量約7.2kg(トナー含む)
消費電力420w
無線LANあり
最大解像度1200×1200dpi

公式サイト:https://www.brother.co.jp/product/printer/laserprinter/hll2375dw/index.aspx

こうやって見るとこの価格であることが不思議なくらいの高スペックですね。

中に入っているのは本体とディスク、セッティング説明書とトナー。
有線のケーブルは別売りなので、無線を使わない人は別途買う必要があります。

給紙やトナーと取り替え、手差し、排紙すべてが前面で完結するのもありがたいポイントです。

brother HL-L2375DW brother HL-L2375DW表示パネルがポケベルのようなショボさで見づらいのが難点。

brother HL-L2375DW

HL-L2375DWで印刷してみた(動画付き)

実際の動作音や印刷速度は目でみた方が早いでしょう。
そんなわけで印刷している動画を用意しました。

エプソンのインクジェット複合機である『EP-807AB』と比較しています。

brother HL-L2375DW印刷スピードの速さについては、インクジェットと比較すると雲泥の差ですね。

起動や印刷の音に関しては、若干HL-L2375DWの方がうるさいように感じました。
一軒家であれば問題ありませんが、集合住宅だと夜間は控えた方がよいのでは? と思います。
(まあ、壁の厚さによりますけれど)

レーザープリンターとインクジェットプリンターの比較

レーザープリンターである『HL-L2375DW』とインクジェット複合機である『EP-807AB』とを比較しました。

EP-807ABは7年ほど前の機種で、現在は後継機が出ています。

HL-L2375DWは出来ることを極限までしぼり、速さを追及したという感じでしょうか。

印刷面

印刷された紙の印刷面。

brother HL-L2375DWインクジェットの方がやや濃く印刷されています。
とはいえ掠れている、といったことはなく、問題はなさそうです。

コスト面

1枚あたりのランニングコスト。

  • インクジェット複合機『EP-807AB』 17.5円
  • レーザープリンター『HL-L2375DW』 3.7円

レーザープリンターのトナーは1つ約8,000円と値が張りますが、1つのトナーで3000枚まで印刷できます。

(初期に付属されたトナーは減りが早い)

インクジェット複合機だと1つのトナー(約1,200円)で457枚まで印刷可能。
とはいえ消費するのは黒だけではありません。

印刷量が多いほど、レーザープリンターの方がコスト的にお得になりそうです。

HL-L2375DWのメリット・デメリット

インクジェット複合機と比べて、モノクロレーザープリンター『HL-L2375DW』のメリット・デメリットをまとめました。

まずはメリット。

  • 無線LAN対応
  • 印刷速度が速い
  • ランニングコストが安い
  • 水を溢した際ににじみにくい
  • トナー交換の頻度が低く手間が省ける

そしてデメリット。

  • 消費電力が高い
  • 見た目が安っぽい
  • 動作音が少々うるさい
  • カラー印刷ができない
  • スキャナー・コピーなどの機能なし
  • 解像度が低い(文書印刷だと気にならない)

水を溢した際に滲みにくい、というのが顕著です。
うっかり水を溢した際、インクジェットのプリンターで印刷した場合すぐ滲んでしまいます。

しかしモノクロレーザープリンターの場合、滲みにくいですし、乾かすと紙がよれるくらいで済みます。

brother HL-L2375DW(乾燥後)

brother HL-L2375DWしょっちゅう紙にお湯を零している私としてはありがたいですね。

Amazonレビューだと、『排紙がうまくされない(紙が詰まる)』との評価もありましたが、私は今のところ問題ありません。

また、

  • 手差し印刷
  • 文章以外のイメージ印刷・ハガキ

は上手くできないとの意見が多いので、期待しない方が良さそうです。

ブラザーのモノクロレーザーはこんな人におススメ

次のような方はインクジェット複合機よりも、モノクロのレーザープリンターがおススメです。

  • モノクロ印刷だけで問題ない
  • A4以上の印刷はしない
  • 基本テキスト印刷のみ
  • 一度にたくさんの印刷をする
  • カートリッジの買い替えや交換が面倒

まとめ レーザーとインクジェットの二台持ちがいいんでないの?

すずめ
すずめ
モノクロのテキスト印刷が中心と言えど、コピーやスキャナー機能も欲しいよ 

というわけで、現在は2台使いをしています。

少ない印刷やカラーの場合はインクジェット複合機を、大量印刷の場合はレーザープリンターを使っていく予定です。

brotherのレーザープリンター『HL-2375DW』は安価で購入できるので、白黒だけでいいから文書をたくさん刷りたい、という人向けです。

文章書きで印刷が多めの人はぜひ検討してみてください。

いつの日か家庭にこういう印刷機を置きたいですね。

いや、絶対邪魔になるだろうけど。

以上です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です