長野県

長野駅前で鴨蕎麦を食べるなら『そば亭 油や』がウマい!!

そば亭油やの鴨せいろそば

どうもこんにちは。
うどんより蕎麦が好き、あまぼしすずめ(@S_amaboshi)です。

長野へ行ってきました。

長野駅前

「おまえ長野県民だろ!」というツッコミを受けそうですが、一部の信州人にとって長野は『長野市』を指すのであって、長野県全体という認識は薄いのです。

それはさておき。

私は学生時代の数年を長野市で過ごしており、当時よく蕎麦を食べていました。

元々うどん派だったものの、その頃の蕎麦食い経験が原因で、いつの間にか蕎麦派になっていたという経緯あり。
すまんな、香川県民。

今回はそんな蕎麦派を生んだ蕎麦屋のひとつ『そば亭 油や』を食レポします。

長野駅から徒歩3分。

駅前で美味しい蕎麦が食べたい!

という方はぜひ立ち寄ってみてください~~

長野駅周辺のライバル蕎麦屋と比べても好き(当社比)

かつては、大して広くない駅内に6店舗の蕎麦屋を抱えていた狂気の蕎麦大国・長野駅

余談ですが、長野駅にて蕎麦が食べたいのであれば内設されているMIDORI・3階の「おごっそダイニング」に草笛みよ田という蕎麦屋があります。

個人的には油やの方が好みです、はい。

また、爆速・格安で食べたいのなら、断トツでナカジマ会館がオススメ。

長野駅立ち食いそばナカジマ会館

改札正面にある立ち食い蕎麦で、ここは速すぎる。
今まで食べた立ち食い蕎麦店の中でもトップクラスの提供速度です。

速すぎて、食券を買う客の脳内をスキャンしてるんじゃないかと疑うレベル。

あそこのおばお姉さんは出会って4秒で蕎麦出してきます。マジで。

とはいえせっかく長野まで来たのなら、ぜひ立ち食い蕎麦以上のクオリティを味わって頂きたいものです。

立ち食い蕎麦は冷凍食品だからどこで食べても同じだろうしね。

長野駅・善光寺口から徒歩3分の「そば亭 油や」

改札を出て右手、善光寺口の交差点前のビルチング1階に位置する油や。
テナント料いくらだろ? と心配になる好立地です。

2階にあるクソでかドンキ看板を目印にしましょう。

長野駅前ドン・キホーテ

……というか駅前にドンキ入れるなよなあ! 治安悪く見えるだろーが!
数年前までは本屋だったのですが、一気にギャング感ある駅前になりましたね。

昔懐かし食品サンプルが並ぶ店です。

そば亭油や

デパートや駅に密集している食べ物屋以外で、食品サンプルを置く個人店ってあまり見ない気がします。

正直サンプルは美味しそうに見えませんが、食品サンプルが美味しそうな店はマズイという都市伝説もあるらしいので安心ですね。

カジュアル系の店内 1人でも入りやすい

というわけで入店。

平日17時ということもあり、人は少なめでした。
ゆったりとした4人がけテーブル通されてにっこり。

そば亭油やの店内

店内は明るく広々としており、J-POPアレンジインストのような静かな曲がかかっています。

厳かな雰囲気よりカジュアル寄りなので、女性1人でも気軽に入れます。

いや、ソロ焼肉も平気な私が「1人でも入りやすい蕎麦屋です」とか言い出すのはおかしい気もするけど。まあ察して。

一品ものも充実のメニュー

メニュー。

そば亭油やのメニュー
そば亭油やのメニュー
そば亭油やのメニュー


値段に関しては平均的でしょうか。
居酒屋的な側面もあるので、一品料理も豊富です。

馬料理の有無が、信州料理屋としての優劣を決するといっても過言ではありません。

そば亭油やのメニュー

油や優秀!!!!!!! 今日は食べないけど!!!!!!!!!!!

「油や」で鴨せいろを食す

オススメはおろしそばらしいですが、食べたことはありません。
大根なんてどこでも食べられるやろ、という舐めプです。申し訳ございません。

油やではいつも同じメニューを頼んでいました。
それが、鴨せいろと川エビの唐揚げ

私、小学校のころクラスで合鴨を飼っていたこともあり、鴨肉が大好きなのです。

最高ですよ、鴨。
柔らかくて脂の乗りもほどよくて。

うっかりそこらへんを泳いでいる鴨をとっ捕まえたくなりますもん。

鴨せいろは、アツアツの鴨汁に冷たい蕎麦を入れて食べるつけ麺方式。
暑すぎず体を冷やしすぎず、猫舌にも嬉しいメニューです。

そんなわけで注文。

蕎麦屋はメニューが出てくるスピードはそこまで早いイメージがないのですが、5分ほどで来たので結構早い方だと思います。

そば亭油やの鴨せいろ

懐かしの鴨せいろ。5年ぶりくらいでしょうか。

いただきます!!

油やの蕎麦は比較的コシは弱めで、歯ごたえの強い蕎麦ではありません。
とはいえ私は蕎麦のコシは気にしないのでOKです。

鴨肉は油が多いものの、しつこさはなく、むしろあっさりした蕎麦との相性がバツグン。

肉厚で、こちらは噛み応えのあるやや硬めの肉を使っているようです。

そば亭油やの鴨せいろ

汁はしょっぱさと甘さが絶妙にマッチしており、たくさん入っている長ねぎがこれまたいいアクセントになっています。

そば亭油やの鴨せいろ

あ~ウマイ! 蕎麦は飲み物だね。

そんな蕎麦を飲み終わったタイミングで、蕎麦湯を注ぎます。

そば亭油やの鴨せいろ

鴨せいろのつけ汁を蕎麦湯で薄めて飲むと、ちょっと塩辛い汁があら不思議。

いい感じに埋められて美味しい出汁として飲めるのです!!

私は蕎麦湯が出てくる店ではつけ汁を割って飲んでいるけど、この飲み方正しいんだよね?

……確認したことないけど、蕎麦湯単体で飲むために出てきてるんだったらメッチャ恥ずかしいわ。

デザート感覚でやってきた川エビの唐揚げ

何か知らないけれど半分だけおかしな、ややホラー写真が撮れる。

油やの川エビのから揚げ

エビの怨念かな?

油やの川エビのから揚げ

ん? 君、昔より小さくならない?

まさか、カントリーマアムじゃあるまいし、そんなことはないだろうと思いつついただきます。

川エビではあるものの、エビが一皿320円。
ありがてえありがてえ!

いらすとや ありがてえありがてえ

「甲殻類を食してます!!」というカリカリ食感が脳を原始に飛ばしてくれます。

手足やら頭やらの硬い部分が歯茎に突き刺さるのが難点でしょうか。

正直この食感であればバッタやイナゴみたいなものを素揚げにすればいられるんじゃないかと思えてきてしまうから怖い怖い。

こちらはほんのり塩味にレモンがかかり、どちらかといえばお酒のつまみに分類される逸品です。

ごちそうさまでした!

そば亭油やの店内

蕎麦自体もそこそこボリュームがあり、エビの唐揚げも十分満足できる量なので女性であればお腹いっぱいになると思います。

男性は知らん。ちょっと足りないかもしれない。

なお、お茶はほうじ茶。おいしい。

湯のみが空くとパブロフの犬みたいに店員さんが飛んできてくれます。
ナイス給仕!

まとめ

久しぶりに食べましたが、変わらない味で安心しました。
さすが駅前最前線で長年営み続けているだけのことはありますね。

調べてみたら創業は天保4年とのこと。次元が違う。

こんなご時世ですが、これからも頑張っていただきたいところです。

味よし、コスパよし!
なにより、11時から中休みなして営業しているのでいつでも入れて助かります。

長野市に来て鴨蕎麦が食べたくなった方はぜひ立ち寄ってみてください!

基本情報「そば亭 油や」

所在地:長野市末広町1355-5 ウェストプラザ長野1F
(9Fにて『宴席 油や』も営業)
営業時間(そば亭 油や):11:00~23:00 (オーダーストップ 22:10)
TEL:026-224-2288
WEB:https://n-aburaya.com/

あまぼしすずめのTwitter

\最新情報はTwitterにて/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。